映画『重力ピエロ』のCDはサントラにあらず

ツイート
伊坂幸太郎原作、加瀬亮・岡田将生主演の映画『重力ピエロ』が5月23日から全国ロードショーとなる。連続放火事件に隠された家族の真実…常識を超えた強い愛に心で泣く感動ミステリーの今作は、原作も107万部を突破と、伊坂幸太郎の大ベストセラーとなっている作品だ。

そんな注目の作品だが、実は、注目すべきは映画音楽も同様。

『重力ピエロ』の映画音楽は、Atamiの渡辺善太郎が手がけているが、映画音楽をそのままサウンドトラックとしてリリースされるCDはない。『重力ピエロ』の場合は、“コンセプトアルバム”という形でリリースされるのだ。

『重力ピエロ』コンセプトアルバム『a circus troupe~Gravity's Clowns:music from and inspired by the motion picture~』は、映画音楽のリミックスのみならず、映画BGMのメロディに様々なアーティストが歌詞とヴォーカルを提供、そこに付加させるという、コラボレーションから新たな作品の息吹を感じさせる作品となっている。

◆『a circus troupe~Gravity's Clowns:music from and inspired by the motion picture~』アルバム視聴
◆「光 熊木杏里」視聴
◆「flows slowly(PAX JAPONICA GROOVE remix)」視聴
◆「最後の嘘 臼井嗣人」視聴
◆「a place in the sun(Takeshi Hanzawa remix)」視聴
◆「Sometimes –Zentaro Watanabe remix- S.R.S」視聴

渡辺善太郎の楽曲に、FreeTEMPOこと半沢武志、熊木杏里、臼井嗣人がイマジネーションをした楽曲や、映画にも出演している岡田義徳の別名義DJ4THとのコラボレーション、また、渡辺善太郎がremixした『重力ピエロ』主題歌「Sometimes」(S.R.S)も注目。

『a circus troupe~Gravity's Clowns:music from and inspired by the motion picture~』は映画公開の一足先に、5月20日リリースとなった。同日iTunes、レコチョク等での配信もスタートとなった。

◆iTunes Store 『重力ピエロ』コンセプトアルバム(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報