UKチャート、エミネムがトップに

ツイート
今週の英シングル・チャートは、ロンドン出身のラッパー、ディジー・ラスカルの新曲「Bonkers」が初登場でトップを飾った。ディジーにとって、2008年のカルヴィン・ハリスとのコラボ「Dance Wiv Me」に続く2枚目のNo.1シングルが誕生。現在のところ今年のUK最速セールスの新記録を打ち出したという。

ディジー・ラスカルの登場に、先週トップだったブラック・アイド・ピーズの「Boom Boom Pow」は2位に、2位だったティンチー・ストライダーの「Number 1」は3位に後退した。

今週はこのほか、オーストラリアのR&Bシンガー、ダニエル・メリウェザーの「Red」(5位)、ソウルジャ・ボーイ・テレムの「Kiss Me Thru The Phone」(8位)、2009年の<Eurovision Song>コンテストで優勝したノルウェーのヴァイオリニスト/歌手アリャクサンドル・ルリバークの「Fairytale」(10位)が新たにトップ10入りしている。

アルバム・チャートは、エミネムのカンバック作『Relapse』が初登場で1位に輝いた。リリース1週間で17万5,000枚以上を売り上げたといわれており、シングル・チャートのNo.1同様、今年の最速セールスの記録を打ち出したという。UKで、エミネムのアルバムは2000年の『The Marshall Mathers LP』以来4枚連続でトップを獲得している。

先週1位だったグリーン・デイの『21st Century Breakdown』は2位に後退。3位にはマニック・ストリート・プリチャーズのニュー・アルバム『Journal For Plague Lovers』がチャート・インした。

今週はこのほか、マッドネスの9枚目のスタジオ・アルバム『The Liberty Of Norton Folgate』が5位に初登場している。マッドネスのアルバムが(UKで)トップ10入りするのは、1984年の『Keep Moving』以来15年ぶりのこととなる。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報