<VMAJ 2009>EXILEまたも3冠、グリーン・デイ、BEPらが迫力のパフォーマンス

ツイート
2009年で8回目を迎える国際規模の音楽授賞式<MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009>が5月30日にさいたまスーパーアリーナにて行なわれ、視聴者と一般投票によって選ばれた計15部門の受賞作品・受賞アーティストが発表された。

◆ 写真でみる<VMAJ 2009>

2008年に引き続き「最優秀ビデオ賞」を受賞したEXILEは、「最優秀グループビデオ賞」「ベスト・コレオグラフィー・アワード」も受賞し、またも3冠に輝いた。また、キマグレンが「最優秀新人アーティストビデオ賞」「最優秀カラオケソング賞」、安室奈美恵が「最優秀女性アーティストビデオ賞」「最優秀R&Bビデオ賞」を受賞し、2冠を達成した。

グリーン・デイのパフォーマンスで幕を開けた授賞式は、キャッチーな「ノウ・ユア・エナミー」でオープニングから大いに盛り上がった。今回MCという大役を務めることになった劇団ひとりは、2時間17,000円(保険料込み)を支払って習ってきたというバック転を披露。60~70%くらいの達成率ではあったものの、その意気込みに観客から拍手が送られた。

授賞式では、2年連続で3冠を達成したEXILEも13名(アキレス腱負傷中のKEIJIを除く)で「Touch the Sky」をパフォーマンス。メンバー個々のソロ・ダンスがフィーチャーされた迫力のパフォーマンスで、オーディエンスを熱狂させた。また、5月にニュー・アルバム『ファンタジー・ライド』をリリースしたシアラは、スパンコールがキラキラと光る全身タイツのような衣装でセクシーに「ラヴ・セックス・マジック」をパフォーマンス。寿司をあしらったレオタードという一風変った衣装を身に纏い、扇子を持って登場したケイティ・ペリーは、そのファニーな衣装とキュートな眼差しでオーディエンスを釘付けにした。

そのほか、レミオロメン、9mm Parabellum Bulletもパフォーマンスを披露。BoA&ショーン・ギャレットによる世界初披露のライヴも行なわれ、豪華なステージに会場は熱気を帯びた。

そしてラストは、6月3日にニュー・アルバム『THE E.N.D.』をリリースするブラック・アイド・ピーズが登場。全身タイツのダンサーを引きつれ、エレクトロニックな重低音を響かせながら「ブン・ブン・パウ」をパフォーマンスする彼らが生み出すファンキーなグルーヴに、オーディエンスはすっかり包み込まれた。

MTVジャパンでは、当日の授賞式&レッド・カーペットの模様を再放送するほか、バックステージの模様など、めったに見られない舞台裏に迫ったメイキング番組の放送を予定している。放送スケジュール等の詳細は、MTVジャパンのウェブサイトをチェックしよう。

<受賞作品一覧>
最優秀男性アーティストビデオ賞:KREVA「あかさたなはまやらわをん」
最優秀女性アーティストビデオ賞:安室奈美恵「NEW LOOK」
最優秀グループビデオ賞:EXILE「Ti Amo(Chapter2)」
最優秀新人アーティストビデオ賞:キマグレン「LIFE」
最優秀ビデオ賞:EXILE「Ti Amo(Chapter2)」
最優秀ロックビデオ賞:マキシマム ザ ホルモン「爪爪爪」
最優秀ポップビデオ賞:KATY PERRY「I Kissed a Girl」
最優秀R&Bビデオ賞:安室奈美恵「Sexy Girl」
最優秀ヒップホップビデオ賞:TERIYAKI BOYZ(R)「ZOCK ON! feat.Pharrell&Busta Rhymes」
最優秀レゲエビデオ賞:HAN-KUN「HOTTER THAN HOT」
最優秀ダンスビデオ賞:TOWA TEI「Mind Wall feat. Miho Hatori」
最優秀映画ビデオ賞:レミオロメン「“夢の蕾”from 「感染列島」」
最優秀コラボレーションビデオ賞:NELLY and FERGIE「Party People」
最優秀アルバム賞:Mr.Children 『SUPERMARKET FANTASY』
最優秀カラオケソング賞:キマグレン「LIFE」
ストリート・アイコン・アワード:Beastie Boys
ベスト・コレオグラフィー・アワード:EXILE

◆MTV JAPAN

フォトアルバム

写真提供:MTV JAPAN
この記事をツイート

この記事の関連情報