有線オンエアと同時に問い合わせ殺到、驚異の新人JASMINEデビュー

ツイート
5月度有線問合せチャートでダントツの1位を獲得した「sad to say」。有線でオンエアされるや、「“CRY CRY 泣いて泣いて”で始まる歌は何ですか?」という問い合わせが全国で相次いだという大注目の楽曲だ。

「sad to say」は、現在20歳の女性シンガー、JASMINE(ジャスミン)のデビュー曲。「クソくらえ、思い出なんか…」という剥きだしのリアルな感情と天性の歌声が聴き手に突き刺さる。

2009年2月には、J-WAVEのスタッフが「sad to say」のデモ1曲を聴いただけで、彼女のレギュラー番組制作を即決するという異例な事件が起こり、「スゴイ新人のスゴイ曲があるらしい」と業界内にその噂は拡大。「JASMINEの存在に触れた人は皆、そのヴォーカルとメッセージのエネルギーに触発され、彼女を強力にバックアップせずにはいられなくなる魅力と才能を持った、恐るべき、時代を変える20歳」と絶賛される。

そして5月からの有線オンエアと同時に全国から問合せが殺到し、5月度有線放送問合せチャートでダントツの1位を記録。そしてこの勢いはますます加速し、6月度の全国ラジオ局ヘビー・ローテーションも大量獲得、CS音楽チャンネル各局もパワー・プレイにセレクトしている。さらに、モバイル配信サイト「レコチョク」の6月CM楽曲にも大抜擢されるなど、「sad to say」1曲の強力なインパクトが全国に波及しはじめている。

「音楽。生き甲斐ってゆうより、生まれた理由だって信じたい」(JASMINE blogより)と語るJASMINE。歌うために生まれてきたJASMINE、彼女が世を席巻するのはまさしくこれからだ。

なお、「sad to say」の着うた(R)は6月3日から配信開始、CDは6月24日にリリースされる。オフィシャル・サイトでは「sad to say」の試聴も実施中なので、ぜひチェックしてほしい。聴けばそのポテンシャル、一発で分かるから。

JASMINE
1st Single
「sad to say」
2009年6月24日発売
AICL 2017 ¥1,223(tax in)

◆JASMINEオフィシャル・サイト
◆「sad to say」試聴ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報