PENGIN、『銀魂』エンディング・テーマ最大のDLを記録中

ツイート
6月10日にリリースされる沖縄出身の3人組、PENGIN(ペンギン)の3rdシングル「朝ANSWER」が、着うたフル(R)で好調にセールスを伸ばしている。「朝ANSWER」は、テレビ東京系アニメ『銀魂』エンディング・テーマに起用されており、歴代の『銀魂』エンディング・テーマの中で、最大のダウンロード数を記録しているというのだ。

『銀魂』エンディング・テーマといえば、過去にはDOES「曇天」やTHE RODEO CARBURETTOR「Speed of flow」など、ライヴを中心に活動しているアーティストたちの存在を一気に全国の茶の間にまで知らしめるきっかけにもなったコーナー。

今回、その大型タイアップに抜擢されたPENGINは、2ボーカル+1DJの構成で、ココロにグッとくる歌詞と島唄を連想させる独特の歌声を聞かせてくれる。2008年11月にシングル「オレポーズ ~俺なりのラブソング~」でメジャー・デビュー。リリースからわずか2ヶ月足らずで、2008年の年間リクエスト・チャート第11位を獲得している注目株だ。

そんなPENGINの3rdシングル「朝ANSWER」の着うたフル(R)は、CDリリース日に先駆け6月4日に配信が始まるや、歴代『銀魂』エンディング・テーマの中で最大のダウンロード数を記録し、配信日当日(6/4)には、レコチョクランキング8位という、TOP10圏内にも入る、新人には異例の記録を作り出した。また、着うたフル(R)だけでなく、4月16日から配信をスタートした「朝ANSWER」の着うた(R)でも、配信日初日のダウンロード数及びレコチョクランキングでも、歴代『銀魂』エンディング・テーマの中で過去最大数を記録している。

なおPENGINは、「朝ANSWER」CD発売日の翌日、6月11日(木)には、秋葉原のデジタルハリウッド大学で行なわれるデジタルハリウッド特別講義【「NARUTO」「銀魂」のアニメプロデューサーが語る!テレビアニメの舞台裏】にもスペシャルゲストとして参加が決定している。

◆PENGINオフィシャル・サイト
◆PENGINレーベル・サイト
◆デジタルハリウッド特別講義
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス