トム・ヨーク、フェスティヴァルでソロ・パフォーマンスを

ツイート
レディオヘッドのフロントマン、トム・ヨークが、7月にUKサフォークで開かれる<Latitude Festival>でソロ・パフォーマンスを行なうことが明らかにされた。

トム・ヨークは2006年、ソロ・デビュー・アルバム『Eraser』をリリースしているが、ソロ・ライヴはレアなもの。7月16日から4日間開かれる同フェスティヴァルの最終日(7月19日)の昼間、メイン・ステージでパフォーマンスするという。ちなみにこの日のヘッドライナーはニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズとなっている。

トム・ヨークはこれまでアコースティック・セットやチャリティ・ギグでワン・オフのソロ・パフォーマンスをやったことはあるが、ツアーは行なっていない。

フェスティヴァルの開催者の話からすると、トム・ヨークのステージにはべつのミュージシャンがゲスト参加する可能性もあるようだ。「ほかのミュージシャンとパフォーマンスしてもいいかって訊かれた。もちろん、こちらはイエス!って答えたよ。そのミュージシャンが誰になるかはわからないが」とBBC 6ミュージックに話している。

トム・ヨークはこの夏、レディオヘッドとしてレディング/リーズ・フェスティヴァルにも出演する予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報