ムック、ツアーファイナルで初の南米&ヨーロッパツアー発表

ツイート
2006年~2008年までヨーロッパ&アメリカ最大のロックイベント<TASTE OF CHAOS>に出演するなど、ワールド・ワイドな活動を展開してきたムックが17日、JCBホールにて5月より行なっていた約1年ぶりの国内ツアー<MUCC JAPAN TOUR 2009『球体』>のファイナルを迎えた。

◆<MUCC JAPAN TOUR 2009『球体』>ファイナル公演の写真

会場にはアルバム『球体』のジャケットが再現されたステージセットが広がり、大音量のSEが鳴り響く。そんな中、暗転が静寂を創り出し、アルバムのオープニング・ナンバー「球体Instrumental」が流れ出すと、メンバーがステージに姿を現した。

1曲目の「咆哮」で静けさを突き破り、「ハイドアンドシーク」「アゲハ」「陽炎」「レミング」と、アルバム『球体』からの楽曲が立て続けに演奏される。「ファズ」が終わると、ステージを真っ暗な闇が包み込む。音だけが鳴り響く中、再び光がステージを灯すと、そこに照らし出されたミヤ(Gt)のギター演奏で「オズ」へと移り変わった。そんな演出の巧妙さに、客席からは喝采が巻き起こった。

7分を超える大作「讃美歌」では、教会のステンドグラスにキリストをモチーフにしたイラストが浮かび上がり、厳かな雰囲気を演出した。

「JCBホールでライヴをやった人は、みんな小さな武道館だって言いますけど、僕らにとってはライヴハウスです! 思いっきり暴れて狂っちまおうぜ!」という逹瑯の言葉通り、後半は「空と糸」「シヴァ」「名も無き夢」などの激しいナンバーを畳み掛けるように演奏し、会場を揺らす。ライヴではすっかりおなじみになった「蘭鋳」の4カウントジャンプでは、オーディエンスが会場を揺らすほどの大きなジャンプを見せ付けた。

本編ラストでは「hanabi」をア・カペラで歌い上げ、アンコールの「優しい歌」では、「3千人で思いっきり歌おう」と、会場に集まったファンと大合唱。「SATOちも歌う?」とドラムのSATOちにもマイクが渡され、YUKKE(Ba)、ミヤ(Gt)の3人の歌声も響き渡った。

また、この日はライヴ終了後、8月に3週連続でリリースされるDVD集&カップリング集2作品の情報と、8月18日~20日にかけて開催されるムック文化祭<朱音祭>の詳細がモニターに映し出されたほか、次なるステップとして、10月~11月の1ヶ月に渡り<MUCC WORLD CIRCUI 2009-Solid Sphere->と題して、初の南米(ブラジル、アルゼンチン、チリ、メキシコ)とヨーロッパ全土(イギリス、フランス、ドイツなど)の計13ヶ国をライヴ公演で回ることも告知され、ファンを喜ばせた。

<MUCC JAPAN TOUR 2009『球体』 2009.6.17 JCBホール>
セットリスト
SE 球体-instrumental-
1.咆哮
2.ハイド アンド シーク
3.アゲハ
4.梟の揺り篭
5.陽炎
6.レミング
7.ファズ
8.オズ
9.カナリア
10.浮遊
11.讃美歌
12.空と糸
13.シヴァ
14.名も無き夢
15.蘭鋳
16.hanabi
≪アンコール≫
1.優しい歌
2.フライト
3.流星

◆ムック オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報