グラストンベリー、マイケル・ジャクソンを追悼

ツイート
2009年6月25~27日に開かれたグラストンベリー・フェスティヴァルで、アーティストが続々とマイケル・ジャクソンを追悼した。

2日目に行なわれたステージで、ディジー・ラスカルは「今週、俺たちはレジェンドを失った。だから、彼が僕らにもたらしてくれた素晴らしい音楽を覚えておくためにちょっとしたことをするべきだと思う」と呼びかけ、何万人ものオーディエンスが一緒になって「Thriller」を合唱したという。

このほかファレル・ウィリアムスは「素晴らしい音楽だった。彼とクインシー・ジョーンズは音楽、そして人々の音楽への見方を変えた」とマイケルを追悼。リリー・アレンは、マイケルのトレード・マークだった白い手袋をつけステージに上がったという。ジェイミー・カラム、ザ・ストリーツ、ノイゼッツ、ガブリエラ・チルミらもマイケル・ジャクソンのトラックをカヴァーしている。

また、彼の死を知り取り乱したレディー・ガガは、パフォーマンス前に予定されていたインタヴューをすべてキャンセルしたとも伝えられている。

グラストンベリー・フェスティヴァルのスポークスマンは、マイケルの死を偲んだ公式なイベントはなかったものの「多くのミュージシャンがステージで彼を追悼した」と話している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報