草彅剛主演ドラマ『任侠ヘルパー』、主題歌はSMAPの新曲

twitterツイート
SMAPの44枚目となるニュー・シングルが8月26日に発売されることが決定した。タイトルは「そっと きゅっと」。2008年8月にリリースされた「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」から1年ぶりのシングルとなる。

今回作曲を手掛けたのは、数々のヒット作を世に送り出してきた久保田利伸。作詞を手掛けたのは、資生堂『TSUBAKI』CMメッセージソングとなっているSMAP「Dear WOMAN」の作詞を手掛けた麻生哲朗だ。

久保田利伸は、2008年9月にリリースされたSMAPのアルバム『super.modern.artistic.performance』で、木村拓哉のソロ曲として「Style」を提供したことがあるが、SMAPのシングル曲を提供するのは初。また、麻生哲朗はACCグランプリ、TCC賞、フジサンケイグループ広告大賞、アジア・パシフィック広告祭・金賞/銀賞など、国内外で多数の受賞歴を持つCMプランナーであり、映画『ホテルビーナス』の脚本も手掛ける著名クリエイターだ。

そんな豪華クリエイターコンビが手掛ける「そっと きゅっと」は、7月9日からスタートする草彅剛主演のフジテレビ系ドラマ『任侠ヘルパー』(木曜22時〜)の主題歌に決定している。主役を演じる草彅は、「自分たちのグループの曲が主題歌になることは嬉しいことです。撮影中も主題歌を聞いて役を作る面があるので、この曲を聴くとより一層力が湧いてくるのではないかと思います。共演者の方々にとっても力が湧くような曲になればいいな、と思います」とコメントしている。

シングル「そっと きゅっと」
VICL-37333 ¥1,155(税込予価)
2009年8月26日発売

◆SMAP ビクターエンタテインメント公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報