いきものがかりと秦 基博、いっしょにライヴ

twitterツイート
7月13日、<音霊 OTODAMA SEA STUDIO>にて、いきものがかりと秦 基博が一夜限りのスペシャルライヴを開催する。このイベントは、両アーティストが共に敬愛するサウンドプロデューサー島田昌典を囲んでの食事会、その名も島田会において、一緒にやるか!と盛り上がった勢いで即決したもの。

島田昌典はaikoやYUKIの楽曲のアレンジを手がける、現在のJ-POPシーンを代表するサウンドプロデューサーだ。いきものがかりと秦 基博も島田サウンドに魅せられデビュー以来数度にわたり、島田昌典氏サウンドプロデュースによる楽曲をリリースしてきた。これまでの作品は以下の通り。

両アーティストの島田昌典サウンドプロデュース作品
●いきものがかり
「SAKURA」(2006.03.15 Release Debut Single)
「KIRA★KIRA★TRAIN」(2007.03.07 Release 1st Album「桜咲く街物語」収録)
「タユムコトナキナガレノナカデ」(2007.03.07 Release 1st Album「桜咲く街物語」収録)
「茜色の約束」(2007.10.24 Release 7th Single)
「Good Morning」(2008.02.13 Release 2nd Album「ライフアルバム」収録)
「ソプラノ」(2008.02.13 Release 2nd Album「ライフアルバム」収録)
「心の花を咲かせよう」(2008.12.24 Release 3rd Album「My song Your song」収録)
「帰りたくなったよ」(2008.04.16 Release 9th Single)
「ふたり」(2009.05.27 Release 13th Single)
●秦 基博
「青い蝶」(2007.09.12 Release 3rd Single)
「Honey Trap」(2008.10.29 Release 2nd Album「ALRIGHT」収録)
「新しい歌」(2008.10.29 Release 2nd Album「ALRIGHT」収録)
「朝が来る前に」(2009.1.21 Release 7th Single)

いきものがかりと秦 基博は、2006年末に都内で行なわれたライヴイベントで、初めてお互いのライヴを観て衝撃を受けて以来、2008年初頭には関東近県をオムニバス形式でまわるツアーを行なったり、吉岡聖恵がレギュラーパーソナリティを務めるオールナイトニッポンに秦 基博がゲストで登場し、生放送でコラボレーションライヴを実施するなど、音楽活動において親交を深めてきた。

今回のスペシャルライヴが決定したいきさつやテンションの上がりっぷりは両アーティストの公式ブログにも記されており、いきものがかりの吉岡聖恵は「曲作りについてとか、歌うこととか、その他いろんなこと。話している内に盛り上がって・・・・そんななかで、『ライブやりたくないっすか??』と、みんなの心がヒートアップし(笑)。ライブが決定しちゃいましたっ!!すげーーーーーー!!」と綴り、秦 基博も「いきものがかりのお3方と僕とで、まさに島田さんを囲んで呑んでいた訳です。で、音楽の話やらなんやら盛り上がってきまして、“このメンバーで一緒にライブをやろう!”ってな具合にヒートアップ。そうなんです。ライブやります。」とまさに“その場のノリ”でライヴが決定した経緯を記している。

スペシャルライヴのタイトルは、そのままずばり<島田会>。いきものがかりと秦 基博、2組をつなぐ名プロデューサー島田昌典を迎えてのまさにスペシャルなひととき。一夜だけの開催とは惜し過ぎる特別なライヴになりそうだ。

スペシャルライヴ<島田会>
2009年7月13日(月)
@音霊 OTODAMA SEA STUDIO (神奈川県/逗子海岸)
開場17:00/開演18:00
出演:いきものがかり/島田昌典(key)/秦 基博
前売:\4,500 当日:\5,000 ※全自由・drink別
[問]OTODAMA 運営事務局(11:00~20:00)046-870-6040
◆チケット詳細&購入ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon