ベン・ワット、初来日決定

ツイート
90年代ネオアコースティック・ムーブメントを巻き起こしたエヴリシング・バット・ザ・ガールのギタリストにして、ディープ/テックハウスの名門レーベルBuzzin' Flyを主宰するベン・ワットが、初来日を飾る。

トレイシー・ソーンと共に結成したエヴリシング・バット・ザ・ガールのギタリストとして活躍後、Howie Bの勧めで、DJをスタートさせたベン・ワットは、ジャズ、ドラムンベース、ディープハウスなどを生まれもっての音楽センスで吸収し、すぐに当時ロンドンでトップクラスのパーティーでDJをするまでに成長した。

ディープハウスに魅了されたベン・ワットは自身のパーティー<Lazy Dog>をスタートすると同時に、Sade、Sunshine Anderson、Zero7、Maxwelなど、数々のアーティストのリミックスを手掛けるようになり、ダンスミュージックの世界へと自身の活動をシフトチェンジ、近年ディープハウス~テックハウスのシーンで、日本でも根強い人気を誇るレーベルBuzzin' Flyを設立することになる。

更にはインディー・バンドサウンドにフォーカスを当てた新レーベルSTRANGE FEELINGも始動。DJとして世界中を飛び回りながら 人気レーベルを主宰するベン・ワット、初来日の日本でも彼ならではの、最高の夜を届けてくれることであろう。

<BUZZIN' FLY WITH ベン・ワット>
2009年8月15日(土)
開場:22:00 場所:
@AIR(代官山)
渋谷区猿楽町2-11氷川ビルBF
料金:3500yen / 3000yen with flyer / 3000yen AIR members
[問]Global Hearts ltd. 03-6415-6231
この記事をツイート

この記事の関連情報