水樹奈々、初の西武ドーム公演で3万人動員

ツイート
6月3日にリリースした7枚目のニュー・アルバム『ULTIMATE DIAMOND』で、声優がオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得するという初の快挙を成し遂げた人気声優アーティスト、水樹奈々が5日、埼玉・所沢市の西武ドームで<NANA MIZUKI LIVE DIAMOND 2009 supported by アニメロックス>と銘打ったライヴを行なった。

2008年1月に行なったさいたまスーパーアリーナ公演で16,000人を動員、2008年7月に行なった国立代々木競技場第一体育館2DAYSで計24,000人を動員、2009年1月に行なった日本武道館3DAYSでは、計3万人を動員した彼女だが、1日で3万人を動員するスタジアムでのライヴは今回が初めて。当日は3万人の熱狂的なファンが会場に詰め掛け、オープニングからスタジアム全体に響き渡る熱い声援が飛び交っていた。

「ついに、ついにやって来たぜー! この日ばかりは、もう少し大きく生まれたかった水樹です。今日は、待ちに待った夏のフェスティバルです。きのうは全然寝ていません。もう、興奮しちゃって…。でも、ガッツリごはんを食べてきたので、大丈夫です! 今日は、水樹史上最大の場所、西武ドームでのライヴ。みんな~、私にとびきりのパワーをください! 今日は、2009年、いやもう今までで一番忘れられない最高のライヴにしたい」と元気いっぱいに挨拶した水樹は、最新シングル「深愛」をはじめ、前シングル「Trickster」、アルバム『ULTIMATE DIAMOND』から「蒼き光の果て」「沈黙の果実」「悦楽カメリア」「夢の続き」など全29曲を熱唱。ファンと一体となったエネルギッシュなステージを最後まで繰り広げた。

◆水樹奈々オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報