和田崇志の放つ、生々しきエレクトロニクス作品

ツイート
ドイツonitorレーベルから21歳でデビューしたベルリン在住のアーティスト和田崇志(Takashi Wada)による4thアルバム『ラビリンス』が8月5日にリリースとなる。

エレクトロニックとアコースティックを独自の感性で融合、どこまでも心地良い空間的な響きを幅広い音楽性で表現する注目の作品である。

“とても気持ちのいいトロニカです。いろんな旋律が聴こえてきて、唄のメロディまでもが浮かんできます。”──高橋幸宏

2009年2月にリリースされたAmetsub『The Nothings of The North』が好調なセールスを記録している名門PROGRESSIVE FOrMレーベルより、いずれも高い評価を得た1st~3rdアルバムに続く、よりアコースティックとヴォーカルのエッセンスを加えた約1年半振り待望の新作だ。AOKI takamasa、高木正勝らに続く、aus、Ametsub、蓮沼執太ら世代の代表格でもあり、sonarsound tokyo 2006では、aus、Ametsubらと共演するなど日本でも注目を集めている存在だ。

また、このニュー・アルバム『ラビリンス』の発売を記念して、リリース・イベントも開催決定となった。フルカワミキやAOKI takamasaなどの豪華ゲストを多数迎えて、夏の終わりに納涼感ある音空間が繰り広げられることだろう。

<PROGRESSIVE FOrM presents Takashi Wada Album Release Party☆>
2009年8月23日(日)
@EATS and MEETS Cay(東京都港区南青山5-6-23 スパイラルビルB1F)
開場/開演18:00 終演22:00
Live:Takashi Wada (from Berlin) www.takashiwada.com、AOKI takamasa (from Berlin) www.aokitakamasa.com、Ametsub www.drizzlecat.org、フルカワミキ with iLL & 勝井祐二 www.furukawamiki.jp www.illtheworld.jp www.katsuiyuji.com
DJ:DJ east (daisyworld discs A&R)、HARRY:淑蘭*(BULLET'S/SECOND LOBBY/SENDER LIPS)

◆和田崇志オフィシャルサイト
◆和田崇志マイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報