ROOT SOULのREMIXコンテスト、優勝作品はageHaでお披露目

ツイート
Kyoto Jazz Massiveのサウンド・プロダクションや、DJ KAWASAKIなど数々のクラブ・ジャズ系アーティストとの客演で知られる池田憲一のソロ・プロジェクト、ROOT SOUL。彼のファーストフルアルバム『ROOT SOUL』の発売、メジャー・デビューを記念し、全世界を対象としたリミックスコンテストの実施が決定した。

このコンテストは、マイスペース上に公開されたアルバム収録曲「It's The Way」の素材を、ユーザーがダウンロードしジャンルを問わず自由にREMIXし自分のマイスペースにアップするというもの。今までにもTOWA TEIのREMIXコンテストや、AnarchyのREMIXコンテスト(現在実施中)などもマイスペースにて行なわれてきたが、今回はとくにその発表方法がユニークだ。

なんと、9月11日(金)に新木場ageHaにて行なわれる、<Levi's presents TokyoCrossover/Jazz Festival 2009>で、沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)がオーディエンスの目の前でプレイし、発表するのだという。

2008年は3000人近い集客があったこのイベントのメインフロアで、優勝者のREMIXが大音量で沖野修也にプレイされ、祝福を受けるだなんて、最高じゃないか。自分のREMIXした音源へのダイレクトな反応もわかるため、トラックメイカー冥利に尽きるというものだ。

今回のROOT SOULの作品のプロデューサーである沖野修也が、このような形でイベントを盛り上げるが、<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2009>では、ROOT SOULも、もちろん国内外からの豪華ゲストを迎えた完全フル・ライブでメインフロアに登場、今回のコンテスト課題曲「It's the way」も披露する予定となっている。おたのしみに。

なお、このコンテストの優秀音源は、年末発売予定というROOT SOULのアナログ盤に収録される可能性もあり。締め切りは8月31日(月)である。腕がなるぜ。

<Levi's presents Tokyo Crossover/Jazz Festival 2009 Shuya Okino 20th Anniversary Special>
2009年9月11日(金)
@新木場 ageHa
Open 22:00

◆ROOT SOUL REMIXコンテストページ
◆ROOT SOULマイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報