月9『ブザー・ビート』で話題の金子ノブアキ、試聴公開

ツイート
映画『クローズZERO II』で、小栗旬扮する主人公・坊屋春道のライバルである鳳仙学園のトップ・鳴海大我役に大抜擢された、金子ノブアキ。

山下智久主演のフジテレビ系月9ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』に出演する彼は、RIZEのドラマーでもある。YKZのメンバーらとDADASを結成し、THE MAD CAPSULE MARKETSの頭脳・上田剛士が立ち上げたソロ・プロジェクトAA=(エーエーイコール)でもドラムを叩いているので、気になっていた人も多いことだろう。

実は小さいころから子役として演技もやっていたという金子ノブアキが、満を持してソロ・デビューを果たす。7月15日にリリースされる1stアルバム『オルカ』には、2008年秋から半年以上にわたって自宅スタジオでレコーディングしたという9曲を収録。ドラムはもちろん、ヴォーカル、ギター、ベースも自ら演奏し、アーティストとしての奥行きをみせた作品に仕上がっている。

ファンの間では「あっくんの歌声が聴けるらしい!」と既に話題だが、彼のマイスペースではアルバム『オルカ』から4曲が先行試聴が公開となっている。生のストリングスと、オルカ(シャチ)の鳴き声をイメージした深いコーラス・ワークを打ち込みにのせた壮大なタイトル曲「オルカ」。ドアーズ風アレンジをほどこしたシンプルな楽曲と金子ののびやかな歌声を堪能できる「Girl」。“リフ・ロック愛好家”の金子らしいグルーヴ感と美しいメロディを持ち合わせた「嘘とサル」。すべての演奏を自身でこなしたという「フールフール」。ドラマの演技と合わせてぜひチェックを。

◆金子ノブアキマイスペース
◆金子ノブアキ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報