エミ・マイヤー、フジロック3日間で2日出演

ツイート
4月にリリースしたアルバム『キュリアス・クリーチャー』がメガストアのJAZZチャートで軒並首位を獲得したエミ・マイヤー。LAを拠点に活動する京都生まれの22歳のシンガーソングライターは、スモーキーな歌声と愛くるしいルックスで多くの注目を集め、新人ながらもJazztronik、Shing02、キャラバン、ヤエル・ナイムなどジャンルを超えた多くの著名アーティストと共演を重ねている実力派でもある。

そんなエミ・マイヤーは、フジロック開催期間3日間のうち2日に登場、初日はホワイトステージとフィールド・オブ・ヘブンを繋ぐボードウォークにある木道亭、最終日はフィールド全体の電力をバイオディーゼル、太陽光等のソフトエネルギーでまかなっている Gypsy AVALONだ。

どちらも小規模ながら、今まで数々の注目アーティストが登場してきたステージ両方への出演は、注目に値するもの。大物ミュージシャンのどでかいステージと共に、身近な距離でフレッシュで良質なアーティストに出会えるのもフェスの醍醐味。エミ・マイヤー、お薦めです。

<Emi Meyer @ FUJI ROCK FESTIVAL'09>
7月24日 15:30@木道亭 / BOARD WALK
7月26日 13:45@NEW POWER GEAR Stage / Gypsy AVALON
◆エミ・マイヤー・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報