吉田栄作、無名時代のキャリスタ・フロックハートと共演

ツイート
8月5日に音楽デビュー20周年を記念したシングル「心の旅(ver.2009)」(新録バージョン)と、ファン投票による選曲からなるベスト・アルバム『Let’s Get Out! ~20th Anniversary Best~』を同時発売する吉田栄作。CD+DVDの形態となっているベスト・アルバムの、各ディスクへの収録内容が発表された。

◆吉田栄作フォトアルバム 2009

CDには、ホームページ上で行なったファン投票で人気の高かった全16曲を収録。投票総数は2,000通で、投票第1位は「心の旅」、第2位は仙道敦子とのデュエットで大ヒットした「今を抱きしめて」(アーティスト名義はNOA)という結果となった。

また、DVDにはシングル各曲のプロモーション・ビデオのほか、スペシャル映像として、音楽デビュー前に渡米した際、全編英語で撮影した約30分のショート・ドラマ『NO PROBLEM』が収録される。主演の吉田栄作以外は全て外国人キャストというこのドラマには、米国ドラマ『アリーmy Love』でブレイクする前の米女優キャリスタ・フロックハートが出演している。

1997年にスタートした米国ドラマ『アリーmy Love』の主人公アリー役で大ブレイクし、今年3月にはハリソン・フォードとの婚約報道で世間を賑わした彼女も、1989年当時はまったくの無名女優。吉田栄作の相手役としてオーディションで選ばれ、出演したという。

『NO PROBLEM』の監督は、のちに『金田一少年の事件簿』『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』『20世紀少年』等のヒット作を連発して不動の人気を得ることになる堤幸彦。脚本は、当時から売れっ子だった秋元康が担当し、今では考えられない豪華キャスト、スタッフ陣による作品となっている。

ドラマ『NO PROBLEM』は、1989年に吉田栄作初の映像作品(VHS、LD)として発売されたが、現在では入手困難な商品となっており、ファン垂涎のアイテムになることは必至。発売日の8月5日には、ザ・プリンスパークタワー東京内のジャズ・バー「メロディーライン」にて、発売記念イベントを行ない、アコースティック編成でのミニ・ライヴを予定している。

◆吉田栄作コメント
「キャリスタ・フロックハートさんは“CUTE”という言葉がぴったりな21歳の女の子でした。実は、僕がLAに住んでいる頃、彼女の番組はすでに人気番組だったんだけど(『アリーmy Love』)、全く僕は気付かず、帰国後NHKのOAを見てびっくりして、エンドロールで彼女の名前を確認して、更にびっくりしました。撮影した当時、マンハッタン、NYを色々な意味で大きく感じた。でも、自分の人生にリンクした本作りをしてくれたので、すごく撮影が楽しかった。20年たった今、改めて映像を見て感じたことは、まずは、若いなぁ。そして、まっすぐに頑張ってるなぁ。頑張ったけど、やっぱり英語下手だなぁ。今、続編を撮ったら、どうだろう…など思います」

◆吉田栄作ユニバーサルミュージック公式サイト
◆吉田栄作オフィシャルサイト
◆吉田栄作のclub A・M・B(本人によるブログ)
この記事をツイート

この記事の関連情報