ドラマ『救命病棟24時』、主題歌はドリカム

ツイート
8月11日よりスタートするフジテレビの人気ドラマ『救命病棟24時』の主題歌を、DREAMS COME TRUEが担当することがわかった。タイトルは「その先へ」、9月9日にシングルリリースされる。

ドリカムはこれまでドラマ『救命病棟24時』第1~3シリーズの主題歌を担当しており、同ドラマの主題歌を担当するのは「朝がまた来る」、「いつのまに」、「何度でも」に続く4回目。フジテレビのドラマプロデューサー中島久美子氏は、ドリカムの曲について「ドラマのなかでどんなに辛く困難な出来事が起きたとしても、エンディングにドリカムの曲がかかると、そこに希望を見出すことができる。そして、何故だかまた明日から頑張ろう!という気持ちが沸いてくる。そんなドラマの中の物語の一端をも担う欠かせない存在」と話し、「今回の新シリーズは“救命の現場で働く人々が希望を見失っている…”という、ある意味今までで一番光の見えない現状を描きます。そこにはどうしても美和さんの歌声が必要でした。「その先へ」は、もしかしたらこれまでで一番強さをもった楽曲かもしれません」とコメントしている。

今回の主題歌「その先へ」は、吉田美和がツアーの合間に男2人、女1人の3ピースバンド“FUZZY CONTROL”のヴォーカル&ギター・JUONとセッションしていた中で生まれたフレーズを元に作られた楽曲。FUZZY CONTROLがフィーチャリング・アーティストとして参加し、吉田とJUONのツイン・ヴォーカル、中村正人とJOEのツイン・ベース、そしてSATOKOによるパワフルで心沸き立たせるドラムが、体になじむ軽やかなリズムと疾走感ある爽やかなメロディを生み出している。

また、カップリングには、20周年記念ツアー<DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 “ドリしてます?”>で披露した20分を超えるスペシャル・メドレーのライヴ音源を初収録。今では滅多にライヴで聴けない初期の名曲がズラリと収録された今作は、デビュー20周年の感謝を込めて、初回完全限定盤のみ999円の“サンキュ”プライスで発売される。

なお、「その先へ」は、7月18日(土)22時からオンエアのTOKYO FM系全国ネット『中村正人の夜は庭イヂリ』にて、ラジオで初フルオンエアされる。

◆DREAMS COME TRUEコメント
「デビュー20周年にあたる新たなスタートの年に、四度目の「救命病棟24時」主題歌を担当する責任をズッシリと感じています。前回の主題歌「何度でも」に続く「その先へ」は、僕らにとっても大きな意味を持つ作品になりました。物語の中でますます過酷な現場で奮闘する、江口洋介さん演じる進藤先生と、松嶋菜々子さん演じる小島先生の叫びを、楽曲でも強く表現したい。そんな想いから、吉田美和とJUONのツイン・ヴォーカルという、ドリ20年目にして初めてのチャレンジをしています。「その先へ」がドラマとともに、みなさんの心に触れることを祈っています」

◆FUZZY CONTROLコメント
「本当の愛と本当の音がこの曲の中にある。歌がとけあうっていう事はきっと「この先へ」なんだろう。美和さんと一緒に歌うのは 本当に感無量です。僕はこの瞬間を大切に 感謝の音楽を伝えていきたい。ありがとう」(JUON/Vo&Gt)

「えっ!? ドリカムとファジコンのコラボ!? ベース二人になっちゃうじゃん!! ツインベースって…面白そう(笑)」(JOE/Ba&Cho)

「吉田さんと中村さんが言葉にできないくらい大っっっっ好きなので、一緒にいて、ニヤニヤ笑ったりするのはとても幸せ。だけど、ドリームズカムトゥルーと一緒に何かをやるとなると、誤解や困難や時差や、なんやかんや、つきまといそうだと思って、ドーシヨウ。わしらで平気なのかしらん?と思った。でも、ありえないくらい、いい曲だしな。みんな考えてる事がおんなじなのに、一緒にやらないのは退屈に似ているな。…な。と思って、そっから、一緒になって音楽を夢中でつくる事になりました。そして思うのは、やっぱスゲー!て事です。やっぱスゲー。本当にこのメンバーで一緒に音楽がつくれて、誇らしいです。この感情を生んでくれた、「その先へ」という曲に感謝してます。ありがと」(SATOKO/Dr&Cho)

「その先へ」
【初回完全限定盤】UPCH-89061 ¥999(tax in)
【通常盤】UPCH-80143 ¥1,260-(tax in)
2009年9月9日発売

◆DREAMS COME TRUEオフィシャルサイト「DCTgarden」
◆FUZZY CONTROLオフィシャルサイト
◆iTunes Store DREAMS COME TRUE(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報