エアロスミス、またもやメンバーが負傷

ツイート
エアロスミスのベーシスト、トム・ハミルトンが“手術後の静養”のため、現行のツアーからしばらく離れるという。エアロスミスはつい最近、フロントマン、スティーヴン・タイラーの怪我により7公演を延期したばかりだった。

エアロスミスは現在、ZZトップをスペシャル・ゲストに迎え<Guitar Hero: Aerosmith Presents Aerosmith>北米ツアー中。オフィシャル・サイト(Aeroforceone.com)によると、ハミルトンの代わりは、ジョー・ペリー・プロジェクトでプレイするデヴィッド・ハルが務めるという。

エアロスミスは6月28日の公演中にタイラーが足を負傷したため、7月1日から13日かけて行なわれる予定だった7公演を延期。また、ギタリストのブラッド・ウィットフォードも頭部を負傷しツアー始めのいくつかの日程に参加できなかった。ウィットフォードは愛車フェラーリから降りる際に頭をぶつけ、手術を受けたといわれている。

メンバーの怪我が相次ぐ彼ら。1月には、ギタリスト、ジョー・ペリーの膝の具合が悪くベネズエラでのコンサートをキャンセルしている。

<Guitar Hero: Aerosmith Presents Aerosmith>北米ツアーは9月中旬まで続く予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報