『聖闘士星矢』主題歌がメタル・アレンジでセルフ・カヴァー

ツイート
J-POPの名曲たちをメタル・アレンジでカヴァーした、Dr.MetalFactoryによる衝撃のカヴァー・アルバム『カヴァメタ Now』。そのシリーズ第2弾アルバム『カヴァメタ Then』が、いよいよ7月29日にリリースされる。

◆Dr.Metal Factory フォト・アルバム

今作でも、「恋しさとせつなさと心強さと」「もう恋なんてしない」「SAY YES」など、普遍の名曲たちが前作をしのぐ独創性溢れるアレンジで新たな生命力を吹き込まれている。そんな『カヴァメタ Then』に、伝説のアニメ『聖闘士星矢』の主題歌「ペガサス幻想」が収録されることがわかった。

『聖闘士星矢』は、1985年12月より『週刊少年ジャンプ』で連載、1986年10月からアニメ放送され絶大な人気を誇った作品だ。そして、その放送当時に主題歌「ペガサス幻想」を担当していたのが、Dr.MetalFactoryのNoB(Vo)が在籍していたMAKE-UP。つまり、23年の時を経て、オリジナルのヴォーカリストによるセルフ・カヴァー、しかもメタル・アレンジの「ペガサス幻想」がよみがえるということ。

NoBは、今回のセルフ・カヴァーに関して次のようにコメントしている。

「今回、「ペガサス幻想」をセルフカヴァーしたのは風を感じたから…って言ったら生意気に聴こえるかな? 周りで色んな人もカヴァーしてくれてて、そんなタイミングで僕自身も「カヴァメタ」でしょ。せっかくHALさんっていう今まで出会わなかったタイプのアレンジャーとやってんだもん。好奇心が止まらなくなっちゃった…「HALさんがアレンジしたらどうなるんだろ」って。やっぱり面白かったよ。「こう来たかぁ」って。実はKeyもオリジナルとは変わっていて(むしろ高くしてみました)声のトーン、テンションが新鮮かもよ。ヨロシクね」

ちなみに、「ペガサス幻想」はつるの剛士もカヴァーしてましたね。

◆「ペガサス幻想」つるの剛士バージョン試聴

『カヴァメタ Now』
2009年6月24日発売
CRCP-40240 ¥2800(tax in)
1. Jupiter
2. 三日月
3. 瞳をとじて
4. 千の風になって
5. 蕾
6. 雪の華
7. 愛唄
8. 涙そうそう
9. ハナミズキ
10. 地上の星

『カヴァメタ Then』
2009年7月29日発売
CRCP-40242 ¥2800(tax in)
01. 恋しさとせつなさと心強さと
02. M
03. ラブストーリーは突然に
04. もう恋なんてしない 
05. SAY YES
他、全10曲収録

◆Dr.Metal Factoryレーベル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報