杉本恭一、ライヴでも見事に電気落書きを再現

ツイート
2年半ぶりのアルバム『Electric Graffiti』をひっさげ、自らの地元である熊本からスタートした<Electric Graffiti tour>のファイナル・ワンマンが、7月18日(土)原宿アストロホールで行なわれた。3連休初日、30度を越す猛暑の中、アストロホールには会場を埋め尽くさんばかりの多くの人が集まった。

◆杉本恭一、ライヴでも見事に電気落書きを再現~写真編~

イエローの照明につつまれるステージにジャケットと同じデザインのギター(Dr.矢野一成氏の手によるものらしい)がステージ中央に浮かび上がる。SEが鳴り響く中メンバーが登場。『Electric Graffiti』の1曲目の「Marking Point」で幕を開けた。4thアルバムから「Brand New Life」そして最新アルバムから「ジャンクフード」を演奏。歯切れの良いギターサウンドと、有江嘉典(Ba) と矢野一成(Dr)による、ずっしり重くタイトなリズムが鳴り響く。

年末恒例になっている原宿アストロホールでのライブなだけに「ここ(アストロホール)に来ると、毎年年末にやってたから、もう2009年が今日で終わりのような気がしてなりません(笑)。恐らく、今日が終わるとクリスマスが来て大晦日がくるので、阪神タイガースも来年に向かってがんばって行けると思います(笑)」とMC。

「今回のアルバムのデザインが象徴しているサイケな世界をどうぞ楽しんでください」と、音響と照明により構築されていく独特な空間の中、「Flowers」そして「エレクトリック」の時は、足元のエフィクターを巧みに操りながら、サイケデリックな世界に誘っていた。

「久々に全国10ヵ所まわった訳だけど、でも昔のハウンドドックに比べたら大した事ないんだろうけど(笑)。久々に10本まわると、さすがに終わる事が名残惜しいです」というメッセージに続き、「32日」、今回のアルバムの中でも象徴的なナンバー「空と踊る男」が演奏される。オフィシャル・サイトのインタビューで「さすがにこれが最後かもしれんて思うけど…」と語っていた軽快なスカナンバー「Welcome to Wonderland」に続いては、レピッシュの大ヒット曲「RINJIN」で最高潮の盛り上がりを迎え、宮崎洋一(Gt)も在籍していたanalersの楽曲「ワ-パー電波」、そして「愛の国ガンダーラ」で本編が終了となった。

アンコールでは、Dr.矢野氏がフロントに位置しカホーンを演奏、アコースティック編成で「成長」を披露。歌うドラマー矢野氏のコーラスも冴えわたる。再びバンドスタイルに戻り、ソロアルバムから「MaMa」「巨大エネルギー」「APPLE」が演奏されパフォーマンスは終了。しかし、鳴り止まないアンコールに応えるように「TACO」を演奏。ステージに飾られた「Electric Graffiti」カラーのギターを実際にかき鳴らした。

サービス満点、充実のステージは24曲で完全燃焼した。最後にメンバーの他にスタッフの名前も叫びながら紹介していたのも印象的。パンクにロックンロール、サイケデリック、そしてなんと言ってもスカ、と杉本恭一ワールド満載、見事に再生されたライヴだった。本人曰く「電気落書き」を見事に音で表現した充実の内容、全国10ヵ所に及ぶ<Electric Graffiti tour>は大盛況のうちにエンディングを迎えた。

<GROOVY ISLAND>
8月14日(金) 新代田FEVER
LIVE:杉本恭一 & The Dominators / moja / nil
DJ:ISHIKAWA(aka.TIGER HOLE)
OPEN 18:30 / START 19:30
前売¥3,000 当日¥3,500
[問]FEVER / 03-6304-7899

<2 economy packs>
杉本恭一 & The Dominators / 水戸華之介 & 3-10 chain
9月12日(土) 名古屋ell. FITS ALL
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥3,800 当日¥4,300 (D代別)
[問]ELL / 052-201-5004

9月13日(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,800 当日¥4,300 (D代別)
[問]ソーゴー大阪 / 06-6344-3326

9月19日(土) 下北沢CLUB Que
<CLUB Que15th ANNIVERSARY SEASON3>
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,800 当日¥4,300 (D代別)
[問]CLUB Que / 03-3412-9979

◆チケット詳細&購入ページ
杉本恭一オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報