ハンターアーティストが、モンスターハンターをリスペクト

ツイート
モンスターハンターをこよなく愛するアーティスト達が集結し、モンスターハンターをテーマにしたアルバムが発売されることが決定した。タイトルは直球、『モンハン音楽部 ~MONSTER HUNTER 5th ANNIVERSARY~』である。

いわずと知れた大ヒットゲームのモンスターハンターは、音楽業界にも深く深く侵食、多くのアーティストが音楽活動はそっちのけでハンターとしての活動に勤しんでいる状況。レコーディングやライヴの空き時間にモンハンをやる姿があちこちで見られ、というか、モンハンをやっているスキマにレコーディングやライヴを行なっておられるジャンキーなアーティストばかりである。当然のようにハンターアーティスト達は、モンハンを通じて知り合ったり仲良くなったりもしており、大いなるコミュニケーション・ツールとしてもモンハンは欠かせない。

今回はそのモンハン誕生5周年を記念し、そんなモンハンをこよなく愛するアーティスト達が集結、アルバムを制作したというもの。

リードオフマンは、ハンターとしても有名なあのSEAMO。更に、abingdon boys schoolがこのアルバムの為に作ったRemixで参加。SEAMOやabingdon boys schoolのメンバーは早くからハンターを公言しており、自身のブログにも度々書き込むほどの熱烈なハンターっぷり。そのほか参加アーティスト=音楽部部員は、DJやついいちろう(エレキコミック)、古坂大魔王などの名前が挙がっている。どのような作品になっているのかは現在は不詳だが、愛情たっぷりの一方的な思い入れや勝手なイメージ満載のアーティスティックな作品となることだろう。詳細情報はまた後日。
この記事をツイート

この記事の関連情報