中孝介、「世界が尊敬する日本人100人」に選出

ツイート
雑誌『ニューズウィーク』日本版(7月8日号)の特集「世界が尊敬する日本人100人」に、奄美大島在住のシンガー中孝介(あたりこうすけ)が選出された。

中孝介は、2006年3月に日本国内でメジャー・デビューして以来、国内と並行してアジアでの音楽活動を積極的に展開。アジア各国でCDをリリースし、台湾のヒット・チャートで1位を獲得する等、アジア各国で大きな人気を博している。

その中孝介が本人役で出演し、2008年に台湾で公開された映画『海角七号』の日本公開が決定した。

『海角七号』は2008年8月に台湾で公開され、日を追うごとに動員数を伸ばし大ロングランを記録。最終的に5億台湾ドルを超える興収を記録し、台湾映画としては歴代ナンバー1、外国映画を含めても『タイタニック』に次ぐ歴代2位の大ヒットとなった。

普段映画を観ない中高年層からも愛され、若い観客の間ではリピーターが続出するほどの熱狂的な支持を集め、「ハイジャオチーハオ(海角七号)を観たか?」が、挨拶代わりとなるほどの社会現象と化したという。そうした噂は日本にも飛び火し、公開を望む声の高まりを受け、遂に『海角七号』が日本にも上陸することになった。

『海角七号 君想う、国境の南』は、2010年新春ロードショー。シネスイッチ銀座、以降全国順次公開される。

中孝介は、9月9日にニュー・シングル「空が空」をリリース。この楽曲は、9月12日全国公開の映画『火天の城』の主題歌に起用されている。

『海角七号 君想う、国境の南』
2010年 新春ロードショー決定
シネスイッチ銀座 以降全国順次公開
台湾 金馬奨 6部門受賞(最優秀台湾映画賞/作曲賞/主題歌賞/助演男優賞他)
ハワイ国際映画祭 作品賞
台北映画祭 グランプリ/撮影賞/観客賞
アジア海洋映画祭イン幕張 グランプリ
アカデミー賞 外国語映画賞 台湾代表作品
監督・脚本 魏徳聖(ウェイ・ダーション)
音楽 呂聖斐(リュ・ションフェイ)/駱集益(ルオ・ジーイー)撮影 秦県昌(チン・ディンチャン)
出演 范逸臣(ファン・イーチェン)/田中千絵/中孝介/林暁培(シノ・リン)/梁文音(レイチェル・リャン)
2008年・台湾・130分・カラー・シネマスコープ・Dolby SR
提供 マクザム
配給 ザジフィルムズ/マクザム

<中孝介ライヴ情報>
8月1日(土)<情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '09 大阪公演>
8月8日(土)<情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '09 東京公演>
8月22日(土)<第20回めいほう高原音楽祭 -SUMMER FES in MEIHO2009->
8月29日(土)<Slow Music Slow LIVE '09 in 池上本門寺>
◆チケット詳細&購入ページ

◆中孝介オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報