牛牛、TV番組に引っ張りだこ

ツイート
デビュー・アルバム『牛牛(ニュウニュウ)プレイズ・モーツァルト』を発売し、現在プロモーションのために初来日している牛牛への注目が日に日に増してきている。

7月27日に行なわれた<CDリリース記念コンサート>には、100組200名の親子が招待され、牛牛の12歳とはとても思えぬ華麗なテクニックはオーディエンスを圧倒、ピアノを習う子供たちは羨望のまなざしを向けた。この記念コンサートには各マスコミも取材に詰めかけており、翌28日からは数多くのニュース番組でこの様子が取り上げられていた。放送後にはその素顔とアーティストとしてのずば抜けた才能が大きな話題となり、レコード会社には問い合わせが殺到している状況だ。

7月30日にはテレビ朝日系「題名のない音楽会」の10月中旬放送分の公開収録が行なわれ、司会を務める指揮者佐渡裕は「牛牛は間違いなくクラシック界のスターになるでしょう。共演出来る日が本当に楽しみです!」と大絶賛。佐渡裕にどんな曲を一緒に演奏したいかと聞かれ「どの曲でもOK!」と答えた牛牛。彼は今、ピアノ協奏曲のレパートリーを40曲持っている。

8月4日には、フジテレビ系「とくダネ!」「どーも☆キニナル!」に生出演、生演奏を披露する予定だ。また、9月上旬放送予定のテレビ朝日系「徹子の部屋」での黒柳徹子とのトークも楽しみなところ。そのずば抜けた才能に驚かされる一方、ウルトラマンやガンダムが大好きという、無邪気な子どもの素顔ものぞかせる牛牛。各番組では驚異の演奏とその素顔がどちらも堪能できることだろう。

日本滞在は8月4日までで、5日の早朝に北京に飛び、休むことなく北京でのプロモーションが開始される。その後10月にはコンサートのために再来日。10月24日には、東京サントリーホール大ホールで史上最年少の12歳でソロ・リサイタルが行なわれる。このチケットは8月2日に一般発売が開始となるが、プレミアチケットとなることは間違いのないところだ。

◆牛牛オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報