エアロスミス、スティーヴン・タイラーがステージから落下

twitterツイート
エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーが8月6日公演中にステージから落下、空輸で病院へ搬送された。サウンド・システムが故障した際、オーディエンスを退屈させてはならぬとキャット・ウォークにてダンスを披露していたところ、足を踏み外し客席へ落下してしまったそうだ。

頭と首、肩を痛めたと伝えられているものの、コンサートの主催者は、病院へ向かうタイラーは「医師と冗談を飛ばす」など気丈な様子を見せていたという。しかしながら、残りのパフォーマンスはキャンセルされることになった。

エアロスミスは現在、ZZトップをスペシャル・ゲストに迎え<Guitar Hero: Aerosmith Presents Aerosmith>北米ツアーを行なっているが、タイラーが同ツアー中怪我を負うのはこれで2度目。6月終わりに足を負傷し、7公演を延期したばかりだった。またタイラーだけでなく、ギタリストのブラッド・ウィットフォードやベーシストのトム・ハミルトンが怪我や“手術後の静養”を理由にツアーを離れるなど、メンバーの負傷が相次いでいる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報