中孝介の生歌に映画『火天の城』出演者たちも感動

ツイート
9月12日に全国公開される歴史大作映画『火天の城』の完成披露記者会見が8月5日(水)に都内ホテルで開かれ、映画出演者を前に中孝介が主題歌「空が空」(9月9日発売)を披露した。

◆中孝介の生歌に映画『火天の城』出演者たちも感動~写真編~

映画『火天の城』は、直木賞作家・山本兼一の重厚な歴史大河小説(第11回松本清張賞受賞)を完全映画化した大作で、信長の夢・安土城築城に人生をかけた人々を力強く描く歴史エンターテインメント。中孝介が歌う主題歌「空が空」は、この映画に合わせて書き下ろされたもので、シンガー・ソングライター川村結花が作詞・作曲を手掛けている。

8月5日(水)に都内のホテルで開催された完成披露会見には、映画出演者の西田敏行、福田沙紀、椎名桔平、大竹しのぶ、寺島進、河本準一らが出席、約200名を超える報道陣が集まった。

そして中孝介は最後に登場し、豪華出演者の前で「空が空」を熱唱。大きな拍手を受けた。なかでも、自身のコンサートで中孝介の代表曲「花」をカヴァーしている大竹しのぶは、生で聴く中孝介の“地上で、最も優しい歌声”にとても感激した様子だった。
中孝介のオフィシャル・サイトでは、西田敏行からの「空が空」に関する動画コメントも公開されている。

『火天の城』
2009年9月12日(土)全国ロードショー
監督 田中光敏 原作 山本兼一(文藝春秋刊)
出演 西田敏行、福田沙紀、椎名桔平、大竹しのぶ
◆『火天の城』公式サイト

◆中孝介オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報