Be.、JZ Bratで密度が濃いひとときを

twitterツイート
2009年8月7日、渋谷JZ Bratで行なわれた<新星堂60th記念 Summer Jazz Night HATS DAY>。このイベントに出演したBe.。イベントは完全入替制の2部制で、私は1stステージを見ることができた。初めて来たJZ Bratは、大人の雰囲気のある場所。ここでJazzなんていったら、自分が急に大人になった気持ちになる。


この日の出演は、古澤巌、西村由紀江、大城蘭、Be.の4組。Be.はその最初を飾る。スタートはJazz NightにぴったりなJazzっぽい音で。そしてBe.らしい音へ連れていってくれる。MCの女性からも、Be.の曲は、風景が見える曲が多いというコメントがあった通り、今日もどこかへ旅をしそうだ。

1曲目「Hurricane」。いつもより音に厚みを感じる。会場の雰囲気のせいか? それとも、いつもとは何かが違うのか? とても心地よい。安定感というか安心感。軽快な曲なのに地に足がついている感じだ。

そして、2曲目は「あなたのそばで」。切ないような懐かしいような、夕暮れの空を見るような気持ちになる。そういえば、さっきMCの女性が外は激しい夕立だと言っていた。でも、この場所この空間は、心地よいギターの音色という雨が降り注いでいる。

そして、3曲目「Windy」。風の中にすべての答えがあるんだと言ってくれているような曲。迷いやためらいさえも、すべて風に溶けていく。新しい明日へ自分を持っていく。そんな気持ちだ。

3曲という短い演奏、時間だったけれど、密度が濃い時間だった。そして、演奏あとのインタビューでは、「曲作りはどんな風に?」と聞かれ、セッションから始まると答えていたBe.。そんな風に自然にできあがるからこそ、心にすっと入る曲が生まれるんだなぁと確認できた。

<Be. 8月7日>
1st
1.Hurricane
2.あなたのそばで
3.Windy
2nd
1.Remember Me?
2.Life Time
3.Starting Over

<Be.One Man Live“Life Time”>
2009年9月10日(木)
@渋谷DUO Music Exchange
開場 / 18:00 開演 / 19:00
前売 / 3,500円  当日 / 4,000円 (ドリンク代別)
◆Be.オフィシャルサイト

[寄稿] 伊藤 緑:◆http://www.midoriito.jp/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon