吉俣良、凱旋フリーライヴに2000人殺到

ツイート
8月5日に『Best Soundtracks~篤姫BEST and more~』をリリースしたばかりの吉俣良が、彼の出身地でもあり篤姫の故郷でもある鹿児島で、凱旋フリーライヴを決行した。

8月8日(土)地元鹿児島のアミュプラザは、あいにくの天気にも関わらず、スタート前から会場に、老若男女幅広い層のファンが殺到。イベントは「篤姫其ノ二」のサントラ収録曲「花意書く(かいかく)」で和太鼓を叩いていた小学生から高校生のメンバーで構成される「薩摩川内おどり太鼓」が前座を務め、舞台上の挨拶では年少のメンバーが「私は吉俣良さんがだいすきです」と宣言し、会場を温めた。ファンが固唾を飲んで待ち構える中、登場した吉俣氏。その頃には小雨が降る中、2000人以上のファンで会場は溢れ返り、会場の屋根に入りきらない程。

地元鹿児島の話題はもちろんのこと、「篤姫」サントラの制作秘話や今後放送・公開される吉俣氏が音楽を担当したフジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」、NHKドラマ「派遣のオスカル」、常盤貴子主演映画「引き出しの中のラブレター」の話題で会場を盛り上げた。

その後、待ちに待ったライヴがスタート。人気曲のフジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」のメインテーマ「COTO」から始まり、鹿児島出身の小学生画家として人気を博しながらも脳腫瘍を患い、12年の短い人生に幕を閉じた本田紘輝くんのために書いた「koki」や、薩摩志士を想って書いたという「他意切(たいせつ)」「篤姫(メインテーマ)」など計6曲を披露。

雨が降る中、吉俣良のピアノの音色にファンは大いに酔いしれた。地元愛に包まれて、吉俣良と篤姫の人気の凄まじさをまざまざと見せ付けたイベントとなった。

<凱旋フリーライヴ>
8月8日(土)17:00~@アミュプラザ鹿児島AMU広場
1.COTO
2.カンパニュラ(風のガーデンメインテーマ)
3.koki
4.良し
5.他意切(たいせつ)
6.篤姫(メインテーマ)

『Best Soundtracks~篤姫BEST and more~』
2009年8月5日(水)
PCCR-00478 \3,500(tax in)

『フジテレビ系ドラマオリジナルサウンドトラック「救命病棟24時」IV』
2009年9月9日(水)
PCCR-00484 \2,625(tax in)

◆吉俣良オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報