ミリヤ、テルマ、BENI、話題のエロラッパーも登場の<R-Festa 2009>

ツイート
日本最大級のヒップホップ、R&B、レゲエのクラブイベント<dwango.jp presents R-Festa 2009>が、2009年7月28日に新木場 STUDIO COASTで行なわれた。

◆<dwango.jp presents R-Festa 2009>ライヴの画像

当日は、多数の応募の中から見事レアチケットを獲得した約2000人のオーディエンスに加えて、ニコニコ動画で行なわれたライヴ生放送で約2万人のユーザーが視聴。

「今年も夏祭りが始まるよ!」というiaのMCで会場のテンションが早くも急上昇する中、ダースレイダーのステージから<R-Festa2009>はスタート。“夢を持って生きろ!”と熱いラップで「SOUL DREAMER」を熱唱したTARO SOUL、ニコニコ動画から生まれたらっぷびとらが熱いパフォーマンスを繰り広げ、フリースタイルの貴公子・KEN THE 390の登場では、会場から「かっこいい-!」と黄色い声援が。また、2009年大注目の歌姫・BENIは、4人のダンサーを連れてキュートに歌い踊り、新曲「ずっと二人で」をしっとりと聴かせた。

異色を放ったのがラジー。スウェーデン出身のブラック・エレクトロ・ラッパー(略して“エロ”ラッパー)の彼は、オーディエンスに向けて「ROCK AWAY」「I'M NOT POP」を叩きつける。ヒップホップ、エレクトロ、ハウス、レゲエ、あらゆるジャンルを融合させたような彼のサウンドとマシンガンラップは、初めて聴くオーディエンスにも確実に刺さり、思わず誰もがハンズアップ。ラジーは「日本の皆さん、こんにちは!今日は本当にありがとう。日本サイコー!」という言葉を残して会場を後にした。

また、名曲「そばにいるね」で観客を魅了し、新曲「忘れないよ」では失ってしまった大きな存在への思いを歌い会場を感動の渦に巻き込んだ、日本のR&Bシーンの歌姫・青山テルマ。Baby Mをフィーチャーした「Goodbye to my love feat. Baby M」をセクシーに披露した南アフリカのスーパースター、MANDOZA。2009年上半期から注目度急上昇中のleccaは、超アゲアゲの「紅空」と、感動的なメロディー「For You」でコントラストあるステージを、清水翔太のパフォーマンスでは、代表曲「HOME」でオーディエンスとともに大合唱となった。

そして後半。ついに登場したのが<R-Festa>の歌姫でありティーンエイジから絶大な支持を得る加藤ミリヤ。しっとりとバラード曲「Aitai」でフロアを惹きつけた後、清水翔太とのコラボソング「LOVE FOREVER」を披露すると、会場のボルテージは何度目かのMAXに。大トリとしてハット&白手袋で、偉大なMJへの永遠のリスペクトを表し、MJ追悼リミックス「Jackin' 4 beats Remix~MJ追悼曲 feat. Full Of Harmony」などをパフォーマンスしたZEEBRAまで、会場で、ディスプレイの前で、総勢2万2千人は24組という豪華なライヴアクトのエネルギッシュなステージに酔いしれた。

◆<R-FESTA>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報