エアロスミス、スティーヴン・タイラーの怪我によりツアーをキャンセル

twitterツイート
エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーが今月5日、公演中にステージから落下、負傷したため、バンドは残りのツアー日程全てをキャンセルすることになった。

バンドが発表した声明によると、スティーヴン・タイラーは事故により頭部を縫合したほか肩を骨折し、医師から休養するよう忠告されたそうだ。「この状態でタイラーがスティーヴン・タイラーを続けるのは不可能で、バンドは彼が回復することを願っている」という。

ギタリストのジョー・ペリーは「俺がツアーをキャンセルしなくてはならないことをどれだけ悲しく思っているか、言葉で表すことはできない」とのコメントを発表。ファンやクルーに感謝するとともに「できるだけ早くエアロスミス・マシーンを再起動できることを願っている」と続けた。

事故は、ZZトップをスペシャル・ゲストに迎えた<Guitar Hero: Aerosmith Presents Aerosmith>北米ツアーの最中に起きた。6月にスタートした同ツアーは9月半ばまで続く予定だった。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報