持田香織、浴衣姿で「初ソロアルバムの名付け親は井上陽水」と告白?

ツイート
8月12日に初のソロアルバム『moka』をリリースした持田香織が、発売記念のミニライヴを神奈川県のラゾーナ川崎で実施。もっちーの浴衣姿に、集まった6000人からは「かわいいー!」の声が乱れ飛んだ。

◆浴衣姿の持田香織 画像

晴天となった8月15日・川崎。開演時刻が近づくにつれ家族連れやカップルでにぎわうラゾーナ川崎に集まったオーディエンスはおよそ6,000人。その登場を今か今かと待ちわびる中、持田香織が登場すると、初披露となる浴衣姿に「かわいいー!」といっせいに歓声が上がった。

その歓声に照れながらも、浴衣を着るのは20年ぶりというもっちーは、アルバムの冒頭を飾る「はじまりとは」でミニライヴをスタート。途中「井上陽水さんと共演したときに、“もっちーはもちだかおりの『も』と『か』で『モカちゃん』て呼ばれた事ない?”と言われて、呼ばれたことはないんですが(笑)可愛いな、とずっと気になっていた言葉」と、記念すべき初ソロアルバムのタイトルの由来を披露。さらに、最新シングルのカップリング曲「weather」や初のソロシングルとなった「雨のワルツ」、そのカップリング「Drop」の4曲を3人のメンバーを従えたアコースティックセットでパフォーマンスした。

猛暑の中つめかけたファンに涼しげな歌声と演奏を届けたもっちーは、ミニライヴ後に行なわれたスペシャルな抽選会にも参加。10名のオーディエンスに、もっちーとの2ショット撮影&当選者の名前とサインを書いたポスターをプレゼントした。

初のソロアルバム『moka』は、話題のソロアーティスト、大橋トリオとのコラボレーションによる先行シングル「静かな夜」や、小野リサとのコラボレーションによる「はじまりとは」、8月29日より公開となる西原理恵子原作、深津絵里主演の映画『女の子ものがたり』の主題歌「タオ」(持田香織と原田郁子とおおはた雄一)などを収録。Sean LennonやSAKE ROCKといった面々とのコラボまでも入った全12曲入りだ。

一方、もっちーといえばいっくん。もっちーといっくんといえばELT。ということで、9月23日にEvery Little Thingとしてのシングルリリースも決定。こちらはすでにお伝えしたとおり、プロデューサーとして五十嵐充が久々に名を連ねている。

◆iTunes Store 持田香織(※iTunesが開きます)
◆持田香織も登場した、映画『女の子ものがたり』女性限定試写会 画像
◆持田香織 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス