JET、純潔ジェット・アンド・ロール印に輝く新作『シャカ・ロック』

ツイート
8月19日、いよいよJETのEMI移籍第一弾『シャカ・ロック』のリリースだ。

JETと言えば、アルバム発売前の絶好のタイミングで実現した<FUJI ROCK>での盛り上がりっぷりも記憶に新しい。<FUJI ROCK FESTIVAL'09>にてJETは7月25日のGREEN STAGEに登場。
そもそも<FUJI ROCK>は、2003年に彼らが初めて日本でプレイした地でもあり、ホーム・カミングな雰囲気。過去のヒット・アンセムは当然ながら、日本で初めてプレイされた新作『シャカ・ロック』からの曲も凄まじい盛り上がりを見せ、GREEN STAGEは熱狂の渦と化した。何回聴いても圧倒されるパフォーマンス、何回聴いても飽きることのない楽曲の強さ…これぞジェット・アンド・ロールを、集まったオーディエンスにたたきつけたステージだった。

前作『ゲット・ボーン』『シャイン・オン』に続く新作『シャカ・ロック』は、リフ/ビート/メロディの3拍子揃ったナンバーのみで構成されている。原点回帰した自信溢れるバンド・サウンドを万バーはこのように語る

「今回このアルバムに関しては、プロデューサーやレコード会社からは何の指図も受けなかったんだ。今回のアルバムを作るに当たっては、前よりずっと気楽に、自分たち自身で指揮を執ることができたんだ」──JET

リード・シングル「She's A Genius(シーズ・ア・ジーニアス)」も、リフ・オリエンテッドなドライヴ感が痛快なJET節が炸裂しており、「ちょうどテレビが白黒からカラーに変わった時のようなもの。今回のアルバムには、とにかくピュアな瞬間がある」と彼らは語っている。

理屈抜きの爽快感、眩しいくらいに実直でストレートなサウンドは、何度聴いても色褪せることのない純潔のロック&ロールに輝いている。

『シャカ・ロック』
2009年8月19日発売
TOCP-66903 2,300円(税込)

◆JETオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報