オアシス、リアムの体調不良によりVフェスをキャンセル

ツイート
オアシスが、フロントマン、リアム・ギャラガーの体調不良を理由に、日曜日(8月23日)予定していたVフェスティヴァルへの出演を見合わせた。リアムはウィルス性の咽頭炎を患っており、ドクター・ストップがかかったそうだ。

オアシスのスポークスマンは「この1年ツアーをやっていて、今回初めてメンバーの病気によりパフォーマンスをキャンセルすることになりました。当然のこと、我々全員、落胆しております」とのコメントを発表している。

オアシスは前日(22日)行なわれた同フェスの初日ではパフォーマンスしているが、リアムだけでなく、兄ノエルの体調も万全とはいえなかったようだ。ギグの直後、ノエルはブログに「楽しめなかった」「ひどい腹痛だった」と記している。

日曜日の公演は、代わりにスノウ・パトロールがヘッドライナーを飾ることになったが、オアシス目当てのオーディエンスが多かっただけに、失望の声も上がっている。スポークスマンによると、リアムは現在休養中で、金曜日に行なわれるパリ公演で復帰できるだろうという。バンドはパリの後、ドイツ、イタリアで開かれるフェスティヴァルへ出演予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報