ノラ・ジョーンズ、11月リリースのニュー・アルバムは新機軸

ツイート
ノラ・ジョーンズがニューアルバムをリリースする。通算4枚目となるスタジオ・アルバム、発売は2009年11月を予定しているという。

ノラ・ジョーンズのアルバムは世界的にチャート1位を獲得した前作『ノット・トゥ・レイト』以来2年10ヶ月ぶり。この前作に伴う2007年のツアーを終了した後、彼女は2年間をかけて全ての曲をほとんど自身で書き上げ、今回のニュー・アルバムのリリースを迎えることとなった。

ノラ・ジョーンズは新作で、彼女の音楽の新しい方向性を示している。プロデューサーに、トム・ウェイツ、モデスト・マウス、キングス・オブ・レオンといったアーティストをプロデュースしてきたジャクワイア・キングを新たに起用。またミュージシャンも一新し、そしてライアン・アダムスやオッケルヴィル・リヴァーのウィル・シェフやジェシー・ハリス(ノラのデビュー曲「ドント・ノー・ホワイ」の作者)などと楽曲を共同制作し、様々なサウンドに挑戦している。

「今回のアルバムでは違ったことをしたかったわ。今までずっと同じミュージシャン達と演奏をしてきた。彼らとは今もいい友達で、いつかはまた再び演奏できることを楽しみにしているけど、今回は新しい人たちと演奏して新しいサウンドに挑戦するにはいい機会だったの。」

「プロデューサーについては、いま自分がいる“居心地のいいところ”から私を連れ出して(新しいことに挑戦させて)くれる人であり、また自分が書き溜めた楽曲に合ったミュージシャンを見つけてくれる人を探していたのよ。ジャクワイアに連絡を取った理由は、自分の大好きなアルバムであるトム・ウェイツの「ミュール・ヴァリエーションズ」のエンジニアをしていたから。彼はとても私の話に乗ってくれたし、彼とはうまくやれそうな気がしたの。それは重要なことだったわ。」──ノラ・ジョーンズ

今作ではピアノでなく、ほとんどギターを弾いているノラ・ジョーンズ。「以前のアルバムよりグルーヴ感を出したかった」と新しい制作メンバーを迎えて、ノラがどのような新局面をみせてくれるのか、非常に楽しみだ。また、ジェシー・ハリスとの1stアルバム以来の共同楽曲制作にも大いに期待がかかる。

4thアルバム(タイトル未定)
2009年11月発売決定
・プロデューサー:ジャクワイア・キング
・ドラマー:ジョーイ・ワロンカー(ex.ベック、R.E.M.)、ジェイムス・ギャドソン(ex.ビル・ウィザース)
・キーボーディスト:ジェイムス・ポイザー(ex.エリカ・バドゥ、アル・グリーン)
・ギタリスト:マーク・リボー(ex.トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロ)スモーキー・ホーメル(ex.ジョニー・キャッシュ、ジョー・ストラマー)ほか。
◆ノラ・ジョーンズ・オフィシャルサイト
photo by Getty Images Courtesy of EMI Records
この記事をツイート

この記事の関連情報