スティーブン・タイラー、エアロスミス解散の噂を否定

twitterツイート
スティーブン・タイラーがステージから落下し、ツアー残りの日程をキャンセルしたことを発端に、エアロスミス不仲/解散説がささやかれたが、スティーブン・タイラーはこれを否定している。

関係者と名乗る人物は先週、BostonHerald.comでスティーブン・タイラーはステージから落下したときに酔っ払っていた、メンバーは酒を絶ったはずのスティーブン・タイラーが公演の前にアルコールを飲んでいたことに怒り、再び断酒するまで彼と一緒にやるのを拒否しているなどと話していた。

これを受けスティーブン・タイラーは、これまでバンド解散の危機は何度もあったものの今回はそのときではないとRollingstone.comで反論した。「誰かがリークしたんだな。知ったかぶりをして」「辞めたいと思うことをされたことがあるかって? あるよ。でも俺は、自分らのサウンドのために残ったんだ。このバンドのパワーをリスペクトしている。誰が何を言おうがな」

「俺たちは“一人は皆のため、皆は一人のため”だ。だから多分、俺らは止めないんだよ。みんな、十分金があるってわけでもないしな!」

スティーブン・タイラーは、ZZトップをスペシャル・ゲストに迎えた<Guitar Hero: Aerosmith Presents Aerosmith>ツアー中の今月5日、キャット・ウォークでダンス中に落下。頭部を縫合したほか肩を骨折しドクター・ストップがかかり、9月半ばまで続く予定だった残りの日程をキャンセルした。

公演をキャンセルすると、なぜか解散説がささやかれるバンドがいる。オアシスもその1つで、週末リアム・ギャラガーの体調不良を理由にVフェスティヴァルのステージをキャンセルしたが、スポークスマンは「解散するわけではない」との主旨の声明を発表している。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報