木山裕策を一生歌い続けると決意させた“ハンター'sボス”の甲状腺がん

ツイート
感動の歌声と地道な活動が実を結び、2008年末の「第59回 NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たした“サラリーマン・パパ・シンガー”木山裕策。彼が今まで語ることのなかった、一生歌を歌おうと決意した背景が自身のブログに投稿された。そこには、木山と彼にとって恩人ともいえる人との運命的な出会いが綴られている。

家庭を持つ4児の父であり、平日はサラリーマンとして出版社に勤務している彼が、甲状腺の悪性腫瘍の克服を期に“夢に挑戦する自分の姿を子供達に見せたい”と、38歳にして日本テレビ系オーディション番組『歌スタ』に挑んだのはこれまで多くのメディアで伝えられているとおり。この番組オーディションの最終審査で一度落選している彼だが、今回の告白は、そのオーディションで木山を落とし、再度の挑戦でデビューさせるという判断を下した“ハンター'sボス”こと伊東宏晃 氏(エイベックス・エンタテインメントの取締役であり、部長としてtearbridge productionを率いる)との運命的な出会いについて、だ。

木山はブログのエントリーで、実はデビュー前の時期に、tearbridge productionの伊東部長が木山と同じ甲状腺がんに冒されていたということを明らかにしており、「この事をきっかけに自分を支えてくれる多胡さんや伊東さん、そしてすべてのスタッフとファンの皆さんのために一生歌を歌い続けようと誓った」と綴っている。

   ◆   ◆   ◆

『歌スタ』を通じて木山裕策に出会った伊東部長。「自分と同じ一家の主である木山さんとの出会いをきっかけに病気と向き合うことを決めた」という彼に待っていたのは「悪性腫瘍の甲状腺がん。早急に手術をし、全部摘出しなければ」という、医師からの非情な宣告だった。しかし当時、木山のデビューを控えていたため、伊東部長は「手術をしなければいけない事を伝えてしまうと、スタッフに心配させてしまいプロジェクトが成功しない」と判断。家族にさえも告知を伝えずに木山のデビュー準備を続けていた。

そうして2008年2月6日に発売を迎えたデビューシングル「home」は初登場オリコン最高位7位を記録。新人では快挙ともいえる結果を見届けた後、伊東部長は木山裕策と、「home」を作曲したプロデューサーの多胡邦夫に自身も甲状腺がんであることを初めて告げたのだ。手術を行なう3日前の出来事である。

すべての見舞いを断っていた手術前日。伊東の病室に、会社帰りの木山が「心配ないですよ。僕もこうして元気ですから。病気に関しては僕が先輩ですしね」と訪れた。そして面会を終えて木山が帰った後、今度は見舞いの時間を過ぎてから多胡邦夫が病室を訪れ、「寝る前にこれ見てください」と、伊東部長に包みを手渡した。

多胡が帰り、病室でひとりとなった伊東部長が多胡から渡されたそれを開くと、そこには木山、多胡、そして伊東の3家族の写真とメッセージが添えられた色紙が。デビュー間もない忙しいスケジュールの合間をぬって、3家族の写真を撮影して作られた色紙を見た伊東部長は、その夜は「号泣して眠れなかった」という。

   ◆   ◆   ◆

職場に復帰した現在、伊東部長は「最初、彼をオーディションで落としたのは、あれだけの病歴と家族を抱え、会社を辞めて歌手活動するには多くのリスクがあるし僕らもそこまでの責任は負えないと。ただ2度目のオーディションでその歌心を聴いて、その考え方は間違いだった、自分自身のおごりだったと思ったんです。この時代、たった1曲でもいいからいい歌を歌のうまい人が伝える事が必要なのでは? と。それくらい彼の歌には心が動いた」と、当時を振り返る。

木山裕策の“一生歌を歌い続ける”という決意の裏側には、番組で“ハンター'sボス”としての出会いから始まり、そして自分と同じ病に冒されながらも、木山のデビューと歌手としての成功のために尽力してくれた伊東部長との絆があったのだ。

そんな木山裕策は、デビュー曲「home」から実に1年6ヶ月ぶりの2ndシングル「I believe / 永遠」をリリース。このシングルには、テレビ朝日系ドラマ木曜ミステリー『科捜研の女』主題歌「I believe」やDREAMS COME TRUEのカヴァー曲「LOVE LOVE LOVE」が収録されている。

◆木山裕策からのコメント映像

また、木山裕策は今後、発売されたばかりのこのシングルを引っさげて、8月29日のラゾーナ川崎ルーファ広場でのフリーライヴを始め、イベントや各メディアに出演。秋からは初となる東名阪でのワンマンコンサートも決定している。

一生歌を歌い続けることの誓いを立てた木山裕策と、彼の歌声に惚れ、才能を信じたプロデューサーの多胡邦夫。そして木山の歌声をひとりでも多くの人に届けるため、自らの命をも顧みなかった伊東部長と、そんな伊東部長の下に集い、プロジェクトの成功のために動いた多くのスタッフ。

木山裕策のデビューシングル「home」やアルバム『Memorial』、そして最新シングル「I believe / 永遠」は、そんな彼らの“たった1曲でもいいから、いい歌を歌のうまい人が伝える事がこの時代に必要だ”という強い信念(=I believe)から生まれた“結晶”なのである。

◆iTunes Store 木山裕策(※iTunesが開きます)
◆木山裕策「I believe / 永遠」の収録曲、CD情報
◆木山裕策 オフィシャルブログ
◆tearbridge productionスタッフ紹介&スタッフブログ(伊東部長はHN:antonio)
この記事をツイート

この記事の関連情報