さかいゆう、遂にデビュー

ツイート
かの天才シンガーソングライター、さかいゆうのデビューが決定した。スキマスイッチ、秦 基博に続くオーガスタレコード第3弾新人として、10月7日発売の「ストーリー」をリリースする。KREVA「生まれてきてありがとう」、マボロシ「記念日」などのフィーチャリング、あるいは土岐麻子「How Beautiful」などの楽曲提供で名を馳せ、そこで彼の名を知った人も多いことだろう。

まずは、ここに紹介する映像をご覧いただければ、並みのアーティストではないことがお分かりいただけるだろう。

さかいゆうは高知県出身で高校卒業後の18歳時に音楽に目覚め、20歳で上京し、22歳の時単身でLAに渡り独学でピアノを始める。キャリアのスタートはかなり遅い彼だが、その後のめざましい成長とアーティストとしての開眼を経て今に至るというわけだ。

帰国後、数々のミュージシャンとセッションを重ね、並行して自身のソロ活動を開始。
R&Bをベースとしたビートの効いた楽曲とあふれ出るポップセンスが話題となる中、圧倒的なライヴパフォーマンスとその歌声でオーディエンスを圧倒し続けた。「涙をいざなうシルキーヴォイス」とのキャッチも秀逸だが、その透明感溢れる伸びやかでハイクリアトーンは、もはや世界レベルの歌声である。

さかいゆうのデビュー曲「ストーリー」は8月29日(土)から着うた(R)配信が始まっているので、是非チェックのほどを。同時にレコチョクでは、「ストーリー」着うた(R)購入者にさかいゆうのプレミアムライヴに招待される企画も実施されている。

▲レコチョク▲オーガスタサウンド
なお、8月29日(土)から開催される<Augusta Camp 2009~EXTRA~>の会場では、「ストーリー」のショート・ヴァージョン「ミニストーリー」がダウンロード出来る“オーガスタサウンド”のQRコードが入った“さかいゆう名刺”が配布される予定だ。2009年の<Augusta Camp 2009~EXTRA~>は全国4会場にて行なわれるが、さかいゆうはNewcomer Actとして全4会場に出演する。

「ストーリー」
2009年10月7日発売
AUCL-8 \1,223(税込)
1.「ストーリー」作詞/作曲/編曲:さかいゆう
2.「ララバイ」作詞/作曲/編曲:さかいゆう
3.「How Beautiful (with PIANO)」作詞:土岐麻子、川口大輔 作曲/編曲:さかいゆう
4.「ストーリー」(backing track)

◆さかいゆうレーベルサイト
◆さかいゆうオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報