藤井リナ、ワイルド&セクシー衣裳でアフレコ挑戦

ツイート
藤井リナが、日本語吹き替えキャストとして映画アテレコに初挑戦した。作品はメガヒットシリーズ最新作『ワイルド・スピードMAX』だ。

◆藤井リナ、ワイルド&セクシー衣裳でアフレコ挑戦 ~写真編~

ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースターといった『ワイルド・スピード』第1作のオリジナル最強メンバーが再び顔を揃え、世界56ヵ国で初登場1位を獲得した『ワイルド・スピード MAX』。個性豊かな新キャラクターも続々登場する中、特にガル・ギャドット演じるポルシェを操る小悪魔的美女・ジゼルは、物語の鍵となる重要な存在となっている。

そんな美女ジゼルの吹き替えを担当したのが藤井リナだ。ファッション雑誌「ViVi」を中心にモデルとして数々登場する傍ら、アーティスト活動を始め、ウェディングドレスブランドL et lenaや、ジュエリーブランドLOUNSBERYなど、自身がプロデュースするブランドを次々と展開。活躍の幅を大きく広げるなか、初めてのアテレコである今回も、ジゼルの雰囲気に合わせてワイルド&セクシーな衣裳で登場してくれた。

──今回アテレコ挑戦してみていかがでしたか?

藤井リナ:とても楽しかったです。難しかったですが、いつもの仕事と違って新鮮でした。

──今回吹き替えたジゼル役は新しいキャラクターということですが。

藤井リナ:演じた役はかっこよくて小悪魔的な女性です。セクシーでワイルドな役だったのでテンションが上がりました。

──今日の衣裳のポイントは?

藤井リナ:役に合わせて普段より大人っぽくまとめました。ポージングもいつもと違ってセクシーにしてみました。

──今日の出来は何点ですか?

藤井リナ:78点です。また機会があればぜひやりたいです!

──映画をご覧になるお客さんに一言。

藤井リナ:男の人は絶対好きだと思いますが、女性が見てもファッショナブルでテンションが上がる、かっこいい映画なのでぜひ観てください。

映画『ワイルド・スピードMAX』
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、ガル・ギャドット
原題:FAST & FURIOUS
全米公開:2009年4月3日
10月9日(金)よりTOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
配給:東宝東和
この記事をツイート

この記事の関連情報