alan、『Mステ』出演直後に検索ランク1位に

ツイート
ニューシングル「BALLAD ~名もなき恋のうた~」を9月2日にリリースするalanが、8月28日、テレビ朝日系『ミュージック・ステーション』に出演。さらに出演後のGoogle検索ランキングで1位を獲得した。

◆alanのアーティスト写真、ライヴ画像など

alanの『Mステ』出演は、映画『レッドクリフPartII ― 未来への最終決戦 ―』の全世界主題歌「久遠の河」に続き2回目。「BALLAD ~名もなき恋のうた~」は、9月5日公開の草なぎ剛、新垣結衣主演の同名映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の主題歌で、ちょうど同番組にはSMAPも出演していた。

alanの曲披露時には、映画で主演を務める草なぎ剛が隣りに。司会のタモリから草なぎに初めて会った時の印象を聞かれると、alanは、「記者会見の時ね。その時、私、日本語とても下手。でも、草なぎさんは私のこといつもフォローしてくださいました。今日もフォローしてください(笑)」と、笑顔。タモリに「(草なぎは)優しい?」と訊かれると、「優しい。お兄さんの感じがあります。」と草なぎについて表現した。

また、歌唱直前にはalanへの応援メッセージを促された草なぎが「せいいっぱい歌ってください」と声をかけると、alanも緊張の中、少し笑顔を見せて大きく頷いた。

チベット民族であるalan。「BALLAD ~名もなき恋のうた~」のポイントはチベット民謡独特の歌唱法である高音のチベットフェイクとのこと。歌のパフォーマンスでも、独特の響きがあるチベットフェイクを披露して、草なぎをはじめ、スタジオを歌の世界へと引き込んだ。

そんな『ミュージック・ステーション』放送直後、alanは「Goole急上昇検索ランキング」にて1位を獲得。また、「うた♪ミュゥモ」の着うたリアルタイムランキングでも1位。そのキュートなルックスからは想像も出来ない歌唱力で、視聴者に大きなインパクトを与えた模様だ。また、番組出演後、alanは自身のブログにて<とても緊張ですけれども頑張りました。 / くさなぎさんとてもやさしいね。 / ほかのみなさんっもとてもやさしい。V6さんもMiChiちゃんも,みなさんやさしいね。 / 竹内さんも今日会いましたとてもうれしいです。お久しぶりたくさんしゃべりたいですけれどもちょっとはずかしい。。。>と、感想を綴っている。

alanは2010年1月にはZepp Nagoyaを皮切りに、初のワンマンコンサートの開催も決定。歌手としてだけでなく、雑誌「AneCan」モデルとしても活躍中だ。

「“悲恋”がテーマの曲ですが、必ずしも悲しいだけではないんです。未来に生きる強い意思を持って、自分にとって心から大事な人を思う気持ちを丁寧に唄いました。“大事なのは自分の気持ち”…変わらぬ愛が人を強くし、絶え間ない想いが人と人の絆を生むと思います。タイトルにある「名もなき恋のうた」とは、この恋は決して特別な意味は持たなく、誰もが抱いたことのある恋のうたなんです。皆さんもきっと“ちいさな祈り”を1度は経験したことがあるのではないでしょうか?」── alan(「BALLAD ~名もなき恋のうた~」について)

◆alan オフィシャルサイト
◆iTunes Store alan(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報