初音ミク2歳の誕生を祝い、コスプレイヤー達が渋谷に集結

ツイート
8月30日(日)、<初音ミクとテクノ・デザイン展>真っ最中の渋谷PARCO PART1に、初音ミクを愛するコスプレイヤーたちが集結し、記念撮影会が行なわれた。

◆初音ミク2歳の誕生を祝い、コスプレイヤー達が渋谷に集結 ~写真編~

<初音ミクとテクノ・デザイン展>は初音ミク生誕2周年に加え、BECCAと初音ミクのコラボ・シングル「SHIBUYA」と、HMOとかの中の人。(PAw Lab.)によるYMOのカバー・アルバム『初音ミクオーケストラ』の発売を記念して開催されたもの。現在、渋谷駅周辺の交通広告や街頭ビジョン、センター街のBGMも初音ミクが席巻しており、渋谷は初音ミクだらけだ。

この日、小雨が降りしきる中、渋谷PARCOに集結した初音ミクや鏡音リン/レン、巡音ルカに扮したコスプレイヤーたちは地下1Fの展示場に向かい、クリエイターたちによる100点以上に及ぶ初音ミクのイラストや企業コラボTシャツ、フィギュア、更には初音ミクのキャラクター・コンセプトとなったキーボードなど、多様な進化を遂げてきた初音ミクの歴史を鑑賞。この日、台湾やフランスから訪れていた来場者は、突如現れたコスプレイヤーたちの姿に感嘆の声を上げながら、彼女たちの姿をカメラに収めていた。

渋谷PARCO PART1の正面エントランスに移動後、コスプレイヤーたちは展示会のポスターを囲んで撮影会をスタート。堂々としたポーズで写真に映る彼女たちに、ファンのみならず道ゆく人も足を止め、彼女たちの姿を熱心に撮影していた。また、ファンの中には2年前に渋谷で初音ミクのイベントを開催した関係者も訪れており、初音ミクが渋谷でイベントが開催されるまでに成長したことに「感無量です!」と感慨にふける場面も見られた。

渋谷PARCO PART1での撮影会と、渋谷某所での記念撮影を終えたコスプレイヤーたちは、同じく渋谷にあるイベント会場、club axxcisへ移動し、ファッションとアニメーション、カッティングエッジな音楽をミックスしたイベントとしてメディアからも大きな注目を集めている<DENPA>に来場。スペシャル・ゲストとして同イベントに出演した動画サイト発の人気音楽クリエイターであり、「BECCA feat.初音ミク/SHIBUYA」のリミックスも手掛けた、ささくれPことsasakure.UKと共に初音ミクのバースデイ・イブを祝った。

sasakure.UKによる熱気溢れるステージが終了すると、ブースの前には初音ミクが描かれたバースデイ・ケーキが登場。sasakure.UKが初音ミクで作成した「HAPPY BIRTHDAY」に合わせ、観客全員が大合唱し、この日のイベントは大団円を迎えた。

一部の音楽ユーザー、ネットユーザーの熱い支持をうけ世に誕生した初音ミクは、たったの2年で、すっかり市場を席巻、完全な市民権を得たように見える。もはやオタクの物にあらず、一定の若者文化でもあらず。8月26日に発売されたアルバム『初音ミクオーケストラ』は、オリコン初登場9位を記録している。

映像/マンガ/ファッション/テクノロジーと様々な分野へ拡張し続け、僅か2年の間に目覚ましい躍進を遂げた初音ミク。文明が人々の手元まで降り、文化が目覚める。その瞬間を、渋谷光臨の初音ミクに見た気がした。

写真:梅川良満
レポート&文:佐藤譲/BARKS編集部
会場協力:渋谷パルコ

『初音ミクオーケストラ』by HMOとかの中の人。(PAw Lab.)
XECJ-1005 \2,500(税込)

『SHIBUYA』by BECCA feat.初音ミク
XECJ-1006 \1,980(税込)
この記事をツイート

この記事の関連情報