ブルゼッケン88、PV撮影は行きつけの焼肉屋で?

ツイート
ラウド、パンク、デス、プログレなどなど、ありとあらゆる音楽性を体内に取り込み、それらを高次元のテクニックで昇華、そしてあくまでもキャッチーな楽曲でコアなファンを唸らせているブルゼッケン88。その特異な音楽性の秘密に迫る大特集をいま公開中だ。

彼らがリリースした最新マキシシングル「Prologue」は内容の違う2パターンがあるのをご存知だろうか。8月5日にリリースされたものはCD+豪華ブックレットが同梱されている。そして8月26日にリリースされたバージョンには、CD+DVDが同梱されている。このDVDに収録されたPV映像が、なんとも傑作な出来なのだ。

この「Prologue」のPV映像をノーカットで公開しているので、なにはともあれそちらを見て欲しい。

◆「Prologue」PV映像

舞台は、なんと焼肉屋。世の中には数え切れないほどのPVがあるが、焼肉屋で撮影されたPVというのは、そんなにあるものではないだろう。いや、ひょっとすると皆無かもしれない。

お客さんがフツーに食事をする焼肉屋さんの狭い店舗のど真ん中で、ブルゼッケン88のメンバーが押し合いへし合いをしながら「Prologue」を一心に演奏する。お客さんは、まったく知らぬ顔。本人たちは、まるでいつものライヴハウスでの演奏と変わることはなく、時にはポーズを決め、時にはカメラにちょっかいを出しながら、そのラウドでキャッチーな楽曲を演奏し続ける。

一見フツーなのだが、よく見ると異様な光景だ。なぜ焼肉屋なの? という素朴な質問が頭に浮かぶのだが、それは聞かない約束でしょ。ということで、PVを楽しんでみて欲しい。ほのかに肉の焼ける良い匂いが漂ってきそうな…。

豊富な音楽的アイデア、高いスキルの演奏、緊張感の高い楽曲の完成度の高さ。どれをとっても、高水準の音楽を届けてくれる彼ら。今後の活動を楽しみにしたい。

◆ブルゼッケン88、「Prologue」リリース大特集
◆BULL ZEICHEN 88オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報