DIWPHALANX RECORDSの記念すべき200作目はOLEDICKFOGGY

ツイート
Oi-SKALL MATES/SCAFULL KING/RUDE BONES/BALZAC/DOPING PANDAなどを世に輩出したことでも知られているインディーズ・レーベル、DIWPHALANX RECORDS。200作品目(品番:PX-200)としてリリースされる作品が決定。OLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)の新作アルバム『ラスティックが止められない』となることがわかった。

OLEDICKFOGGYはボーカル&マンドリンのITOU、ギターのSUZZY、ドラムのJUNDO、バンジョーのMIRAI、ウッドベースのTAKE、ピアノ&アコーディオンのACCOの6人編成。様々なシーンと年齢層に幅広くアピールするポテンシャルを持つレーベルイチオシのバンドだ。

「奏でる音色は極悪フォーク、溢れる煮汁はパンクの魂。ダーティ・ポリティカル・ラスティック」をコンセプトに、東京のラスティック、フォーク、パンクを融合した音楽性は、2008年<FUJI ROCK FESTIBAL>への出演、チケットはSOLDOUT、満員の新宿LOFTで壮絶なパフォーマンスを見せたFOLLOW UP NIGHT VOL.3(2009年7月5日)への出演でも実証済み。

歌詞もポリティカルで独特なラスティック&フォーク・サウンドを展開しており、様々な音楽的嗜好を持つ幅広い年齢層のファンを獲得している。

そんなバンドの勢いが最高潮に達するなか、ファン待望の新譜が届けられた。アルバムに先行して9月25日には限定300枚プレスの7inch アナログ盤シングルもリリース。レーベルの期待を一身に背負った彼らが今後のシーンでも重要な存在として牽引していくことだろう。

『Rusticが止められない』
PX-200 ¥2,625
2009年10月10日発売

「神秘/POLICE BASTARD」
PX-201 ¥1,050
2009年9月25日発売

◆OLEDICKFOGGYオフィシャル・サイト
◆DIWPHALANX RECORDSオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス