本格的なJAZZアルバム、『坂道のアポロン』サントラが発売

twitterツイート
CD『坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック』が16日に発売となった。以前ご紹介した通り、1960年代の九州の地方都市を舞台にジャズに打ち込む高校生の青春を描くマンガ『坂道のアポロン』のサウンドトラックだ。

◆参考「人気少女コミック「坂道のアポロン」に、本格的モダン・ジャズ」

物語を彩るジャズの名曲12曲が1枚のCDに収められており、監修もジャケットのアートワークも作者:小玉ユキによる渾身の作品だ。EMIミュージックの『坂道のアポロン』特設ウェブサイトでは、彼女のインタビューも掲載されており、「ジャズって手に取りづらいとかちょっと敷居が高いと思っていた人が新たに気軽にジャズを聴いてみて、意外と面白いし、難しい事ではないんだということになれば一番楽しいな、と思います」と語っている。

また、プロモーション・ビデオ「『坂道のアポロン』×モーニン」も制作された。音楽とともに、『坂道のアポロン』のストーリー映像を楽しむことができるものだ。「とても丁寧な作りでびっくりしました。話と同時進行で曲も聴けるなんて、本当に夢のようなコラボで…とても嬉しいです」と小玉ユキも驚くこのビデオは、携帯電話用のビデオクリップとして配信されている。詳細はレコチョク「坂道のアポロン」(http://recochoku.jp/sakamichi_no_Apollon/)にて。EMIミュージックの『坂道のアポロン』特設ウェブサイトでは、楽曲の試聴もできる。

◆『坂道のアポロン』特設ウェブサイト

『坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック』
2009年9月16日発売
TOCJ-66523 1,800円(税込)
1. モーニン/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
2. ブローイン・ザ・ブルース・アウェイホレス・シルヴァー
3. いつか王子様が/quasimode ※新録音
4. チュニジアの夜/アート・ブレイキー
5. バット・ノット・フォー・ミー/チェット・ベイカー
6. アス・スリー/ホレス・パーラン
7. ラヴ・フォー・セール/キャノンボール・アダレイ
8. イージー・トゥ・ラヴ/サラ・ヴォーン
9. マイ・フェイヴァリット・シングス/quasimode ※新録音
10. バグス・グルーヴ/ミルト・ジャクソン
11. ブルー・トレイン/ジョン・コルトレーン
12. マイ・ファニー・ヴァレンタイン/ビル・エヴァンス&ジム・ホール
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon