<全日本アニソングランプリ>、2009優勝は佐々木紗花

ツイート
プロ・デビューへの登竜門となった<全日本アニソングランプリ>が2009年も盛大に行なわれ、第1回大会優勝の喜多修平、第2回大会優勝のHIMEKA(カトリーヌ セント・オンジュ)に続き、2009年第3回では、札幌予選から勝ち進んできた佐々木紗花さん(27歳)が優勝に輝いた。

◆<全日本アニソングランプリ>、2009優勝は佐々木紗花 ~写真編~

2009年4月1日から5月31日まで、<アニマックス presents we love anime 第3回全日本アニソングランプリsupported by J:COM>の出場者を募集し、この期間で過去最多の6,570組の応募が受け付けられた。<全日本アニソングランプリ>は、明日のアニメ界で活躍するアーティストを発掘するために、2007年にアニマックスとJ:COMの協力により始まったアニソン・イベント。第1回大会は1,792組、2008年に行われHIMEKAを排出した第2回大会は3,186組の応募と、その規模は年々増加しており、第3回となった今回はさらに倍の6,570組の応募を記録。また今回からインターネット生中継や視聴者投票のWEB審査、リアルタイム投票なども新たに企画され、アニソンファンや一般オーディエンスも参加できるイベントとして成長を遂げている。

今回接戦を勝ち抜き優勝に輝いた佐々木紗花さんも、2010年アニメ主題歌でプロデューが約束されている。

書類選考、予選大会(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、沖縄)、WEB審査を経て、9月21日(月・祝)に東京・竹芝のニューピアホールで行なわれた決勝大会では、全国6都市の予選大会を勝ち抜いた6人と、WEB審査で選ばれた6人の合計12人がエントリー、佐々木紗花さんは、1stステージ/2ndステージを勝ち抜き、FINALステージでは、TVアニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌「創聖のアクエリオン」をパフォーマンスし、その栄冠を得た。

◆アニマックス・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報