ChameleonLabs 7602mk2、7802にヴィンテージパーツを使用したカスタム版

ツイート
宮地商会 M.I.D.は、Chameleon Labs製品にヴィンテージパーツを組み込んだマイク・プリ・アンプ7602 MK2 Toneflake custom(stage 1)、ステレオ・オプト・チューブ・コンプ7802 Toneflake Custom(stage1)を発売した。

今回発売となったのは、高いコストパフォーマンスでアマチュアからプロまで多くのユーザーに受け入れられているChameleon Labs製品のカスタムバージョン。マイクプリアンプ7602mk2と、ステレオ・オプト・チューブ・コンプ7802の2機種をベースに、国内最高峰の知識・技術・経験・熱意を併せ持ったカスタム工房「Toneflake」(トーンフレイク)が希少なヴィンテージ・パーツを組み込みスペシャル・チューンを施している。

使用されたパーツは、Mrinair(マリンエア)、St.Ives(セント・アイヴス)など通常では入手困難なヴィンテージ・トランスフォーマー。試作機はすでにメジャーレーベルのレコーディングで並居るヴィンテージの名機たちを退け全面的にレコーディング、ミックスで活用されている。

なお、7602mk2 Toneflake Custom(stage1)に関しては各パーツの特性を合わせたステレオ・ペアで調整しているため、可能な限りステレオでの導入をお奨めしているという。

また、いずれもヴィンテージ・パーツを使用しているため製作台数には限りがあり、次回以降の入荷も不定期になるが "Toneflake Custom シリーズ"は今後も継続するとしている。

特別仕様となるのは以下のとおり。

<7602 MK2 Toneflake custom(stage 1)特別仕様リスト>
マイク入力:オリジナルSt.Ives
ライン入力:オリジナル MARINAIR
出力トランス:TONEFLAKE T1166 カスタムメイドトランス(各トランスは初期化の上特殊エージング処理)
出力トーンフィルター : Allen Bradley社ヴィンテージカーボンリジッド抵抗+Cornell
Dublier社Pフィルムコンデンサー
初段および次段増幅回路基板のオーディオパスコン
出力段バイアス回路パスコン 高耐温低ESRタイプ
EQボード増幅回路入出力オーディオパスコン
12時間におよぶ位相コントロールの為のオーディオエージング

<7802 Toneflake Custom(stage1)特別仕様リスト>
出力トランス : TONEFLAKE T1166カスタムメイドトランス(×2)(各トランスは初期化の上特殊エージング処理)
出力トーンフィルター : Allen Bradley社ヴィンテージカーボンリジッド抵抗+Cornell
Dublier社Pフィルムコンデンサー
真空管:Philips ECG 6201 中μ厳選Burn-INタイプ
抵抗結合増幅時定数 変更 ドライブパワー重視
入力オーディオパスコン
次段増幅回路バイアスコン
プレート出力コンデンサー(超位相整合タイプ)
キャリブレーション
12時間におよぶ位相コントロールの為のオーディオエージング

◆ChameleonLabs 7602 MK2 Toneflake custom(stage 1)
価格:283,500円
発売日:2009年9月25日

◆ChameleonLabs 7802 Toneflake Custom(stage1)
価格:199,500円
発売日:2009年9月25日

◆ChameleonLabs 7602 MK2 Toneflake custom (stage 1) 製品詳細ページ
◆ChameleonLabs 7802 OptoTube Compressor Toneflake custom (stage 1) 製品詳細ページ
◆宮地商会 M.I.D.

◆河村 隆一 with Chameleon Labs

◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報