東京03角田晃広、“マジで笑える奇跡の名曲”でマネージャーとCDデビュー

ツイート
9月22日に開催された“真のコント日本一”を決めるお笑いイベント<キングオブコント2009>の決勝戦でサンドウィッチマン、インパルス、しずるといった並居る人気芸人をおさえて見事優勝し、賞金1000万円を獲得した東京03の、無駄にアツいボケ担当・角田晃広が、“角田晃広(東京03)+大竹マネージャー”名義でCDデビューする。

◆角田晃広と大竹マネージャーの暑苦しい写真

デビュー曲のタイトルは「若者たちへ」。9月30日にユニバーサル ミュージックよりリリースされる。CDデビューすることになったきっかけは、テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』。同番組の人気企画で、芸人が真面目に歌を披露する“芸人マジ歌選手権”に、バナナマンの日村や劇団ひとり等と一緒に出演していた角田のバツグンの歌唱力とマジ歌の完成度の高さがユニバーサル ミュージックのスタッフの目に留まり、所属事務所「人力舎」のホンモノのマネージャーで、ピアノ、ベース、トランペットを自在に操る大竹マネージャーとともに、メジャー・デビューすることになった。

そんな一部で話題沸騰中の彼らのデビュー曲「若者たちへ」は、「もともと、芸人になる前はミュージシャンになりたかった」という割には、それほど上手くない角田のギターテクと、<キングオブコント2009>のネタでも使用したブルースハープが印象的な、“マジで作ったはずなのに、マジで笑える奇跡の名曲”となっている。

<キングオブコント2009>では、誰もが驚く大逆転で“奇跡”の優勝をさらった東京03だが、音楽シーンでも“奇跡”の大ヒットを飛ばし、「こんなの初めて~」な状況となるか、注目したいところだ。

「若者たちへ」
UMCC-5019 ¥1,100(tax in)
2009年9月30日発売

◆角田晃広(東京03)+大竹マネージャー ユニバーサルミュージック公式ページ
◆東京03オフィシャルサイト
◆オフィシャルブログ「東京03角田のブログ語り」
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス