依布サラサ、『いいとも』で父・井上陽水の意外な日常を暴露

ツイート
9月29日、依布サラサが『笑っていいとも!』に出演、父・井上陽水の意外な日常を暴露した。

依布サラサが出演したのは、「ここホレBANG!BANG!」というコーナーで、甲斐名都(父:甲斐よしひろ)、穂のか(父:石橋貴明)、多岐川華子(母:多岐川裕美)ら、二世タレント/アーティストとともに登場。「有名人の二世でよかったこと」「父母から怒られたこと」などが語られた。

依布サラサはその生放送にて、今まで公表していなかった本名の井上姓もあっさりと公表し、さらにはデビュー当時からのトレード・マークであったメガネをもあっさりとはずしてその素顔を初披露。「今日は父(家族)のことも話すし…」と明るく語った。

もともと作詞家、依布サラサとして活動をスタートしていたが、歌手・タレント活動が多くなる中、「物書きとしての自分と一線を設けたい」と思っていたそうで、今後は井上姓で活動することもあるかもしれない。

そうした中で出演した、今回の『笑っていいとも!』。父親も含め、何かとミステリアスなイメージの井上一家だが、陽水とタモリとは旧知の仲でご近所付き合いもあることから、依布サラサのトークも弾んだ。猫を飼いはじめて家族で盛り上がったから、という理由で突然タモリ宅を訪れたエピソードや、「お元気ですか?」という父親のモノマネまで飛び出すなど、終始会場の笑いを誘った。ちなみに、陽水が怒るのは「食事会の仕切りが悪いとき」だそうだ。

母親似のパッチリとした目元が明らかになった依布は、気持ちも新たに、12月16日に4枚目となる両A面シングル「黄昏ムーン/夜空のおりがみ」をリリースする。「黄昏ムーン」は、テレビ朝日ほかで10月6日深夜から放送されるの人気ギャグアニメ『秘密結社 鷹の爪 カウントダウン』オープニング曲に決定しており、「夜空のおりがみ」も自身が出演するNHK教育の語学番組『Jブンガク』テーマ曲としてすでにオンエア中。

◆依布サラサ・オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス