エミマリアとJAY'EDがコラボ、美声の共演に期待大

ツイート
iTunesが選出する“2009年最も活躍が期待できる新人アーティスト”のひとりとして<iTunes Japan Sound of 2009>に選ばれた期待の新人R&BシンガーEMI MARIA(エミマリア)と、JUJU、DJ MAYUMI、INFINITY 16など、多くのアーティスト作品へのフィーチャリング参加が絶えず、自身の新曲「Everybody」も『au by KDDI』のCMタイアップソングに決定するなど、今まさに旬のアーティストJAY'EDが、コラボレーションを行なうことを発表した。

◆「One Way Love」PV視聴
◆ハイブリッドな感性と声を持つ注目のR&Bシンガー、EMI MARIA特集

EMI MARIAは、10月7日に配信限定シングル「One Way Love」でメジャー・デビューする実力派R&Bシンガー。9月23日より先行配信されている「One Way Love」の着うた(R)は、新人ながら9/30付のレコチョクウィークリーチャートで4位を獲得し、話題となっている。作詞作曲、トラックメイキングも自身で手掛け、等身大の22歳の純粋な気持ちを綴った歌詞に共感する人も多く、木下優樹菜や益若つばさといったファッション界の人気者たちからも支持を得ている。

今から約3年前、2006年12月にライヴハウスで初めて会った2人は、その後親交を深め、2008年にはライヴでダニー・ハサウェイの「This Christmas」を共にカヴァーしてパフォーマンス。以前より何か一緒にできないかとタイミングを計っていたが、今回雑誌の対談がきっかけでコラボが実現した。

MIX CDに入っていたJAY'EDの歌声に初めて触れたときから、その歌声に惹かれていたというEMI MARIAは、今回、10月28日にリリースされるJAY'EDの1stアルバム『MUSICATION』に収録される楽曲「Luv is... feat. EMI MARIA」で、JAY'EDとコラボレーションしている。JAY'EDから「どうせやるならガッツリと、2人にしかできない楽曲にしたい」というオファーを受けたEMI MARIAがトラックを提供し、それにJAY'EDがメロディを乗せ、約半年の時間をかけて楽曲を完成させた。

なお、2人の地元である関西をコラボ曲初歌唱の場に選んだ2人は、EMI MARIAのメジャー・デビュー曲「One Way Love」と、JAY'EDの1stアルバム『MUSICATION』のリリースを記念して、10月17日にタワーレコード梅田NU茶屋町店にてコラボライヴを開催する。

今後日本のR&Bシーンを牽引していくであろう2人の共演は、貴重なものとなりそうだ。

◆EMI MARIAコメント
「数多くいるシンガーの中で、ずっと“一緒に何かやってみたい”と思っていた方なので、楽曲参加もコラボライヴも決まった時は相当テンション上がりました!! 一人のシンガーとしても、一人のJAY'EDくんのファンとしても、このコラボライヴを目一杯楽しみたいと思ってるので、皆さんも是非遊びに来てください」

◆EMI MARIAオフィシャルサイト
◆JAY’EDオフィシャルサイト
◆EMI MARIAマイスペース
◆iTunes Store EMI MARIA(※iTunesが開きます)
◆BARKS iTunesチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報