鮫に襲われ九死に一生を得たジャスティン・ジェームス、新宿タワレコでミニライヴ

ツイート
2008年6月にヒットナンバー「カリフォルニア」を収録したアルバム『サンドレンチド』で日本デビューを果たしたサーフ系シンガー、ジャスティン・ジェームス。

10代だった彼は、プロサーファーを目指してサーフィンに明け暮れる毎日だったが、ベネズエラの海でサーフィンをしていたところ、鮫に襲われ九死に一生を得たという経験を持つ。足に大きな傷を負い、プロサーファーをあきらめざるを得ない現実に、病室で悲嘆に暮れる中、ジャスティンを支えたのは音楽だったという。

サーフィンの神様には恵まれなかったものの、ビーチの女神は彼の歌を愛し彼の声を愛したというわけだ。女神の微笑を背に受けて、ジャスティン・ジェームスが9月30日にリリースとなった新作『パーフェクト・サムタイムス』を携えて来日する。

アルバムタイトルでもある「パーフェクト・サムタイムス」では、ジェイク・シマブクロがゲスト参加しており、ジャスティンのハスキー・ヴォイスとジェイクのウクレレが見事にマッチした極上のアイランド・ソングが完成となった。そんな作品のパフォーマンスも期待できる、新宿タワーレコードでの単独インストア・イベントが行なわれる。ジャスティン・ジェームスにとっても初のインストア、ミニライヴと共に、サイン会も行なわれるので、是非当日現地ショップにてアルバム購入をお薦めしたいところだ。

<ジャスティン・ジェームス ミニライブ&サイン会>
2009年10月4日(日)14:00~
@タワーレコード新宿店7F
※観覧フリー。予約者優先で9月30日発売『パーフェクト・サムタイムス』購入者にサイン会参加券が配布されます。
対象店舗:渋谷店、新宿店
◆タワーレコード・イベント詳細
◆iTunes Store ジャスティン・ジェームス (※iTunesが開きます)

この記事をツイート

この記事の関連情報