『ギャツビー』CM効果、ザ・スタイリスティックスの「愛がすべて」がレコチョク1位獲得

ツイート
ザ・スタイリスティックスの「愛がすべて」(原題:「CAN'T GIVE YOU ANYTHING(BUT MY LOVE)」)が、10月1日に発表されたレコチョク「テレビ/CM/映画・うた」ランキングで1位を獲得した。

THE STYLISTICS(ザ・スタイリスティックス)は1968年に結成されたグループで、1971年に「スタイリスティックス登場」でデビュー。アルバムの収録曲の中から続けざまにヒットを連発した彼らは、「ブレイク・アップ・トゥ・メイク・アップ」(1973年)、「誓い」(1974年)でビッグヒットを飛ばし、瞬く間にフィラデルフィア・ソウルの中心的存在となった。

1975年に発表された「愛がすべて」は、ヴァン・マッコイがプロデュースしたナンバーで、ディスコファンにはお馴染のディスコクラシック。その色褪せない完成度は、今もなお数多くのアーティストにカヴァーされ、日本ではSMAPの木村拓哉が出演しているマンダム『ギャツビー』のCMソングとしてもお馴染みだ(CMソングに使用されているのは、「愛がすべて」を原曲に歌詞の一部をCM用に替えて制作した「I CAN GIVE YOU GATSBY」)。

今回の着うた(R)チャート1位は、この『ギャツビー』のCM効果と見られ、CMソングの原曲となった30年以上前のオリジナル曲の着うた(R)が1位を獲得するかたちとなったようだ。

なお、スタイリスティックスの「愛がすべて」ほか、細マッチョ軍団とゴリマッチョ軍団が“花いちもんめ”を繰り広げるサントリー『プロテインウォーター』のCMソングで、ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニーの「THE HUSTLE」など、往年の名曲たちがコンプリートされた『DO THE MACHO!!』がビクターエンタテインメントより発売中。これを機会に、語り継がれる名曲たちに触れてみてはいかが?

『DO THE MACHO!!』
VICP-64734 ¥2,100(tax in)
2009年8月19日発売

◆スタイリスティックス ビクターエンタテインメント公式ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報